浜崎あゆみが批判された「マイノリティー発言」

歌手の浜崎あゆみが5月6日に東京都の代々木公園野外ステージで行われたイベント『東京レインボープライド2018』で自身初のフリーライブを開催した。

ステージの外にも多くのファンが詰め掛け、スタッフが「押さないでください」、「止まらないでください」と呼び掛けるなか、予定より約20分遅れて“あゆコール“を受けた浜崎が登場。3曲をメドレーで歌い上げた浜崎は、「あまりこういう機会もないので、こうしてお誘いいただけたことがとても光栄なんですけど、ここにはたくさんの仲間たちもいるし、知り合いの姉さんたちもいます」と告白した。約20年前のデビュー当時に、生きるのがつらくなって悩んだとき、ゲイタウンである東京の新宿2丁目に通ったことを明かしたのだ。

浜崎は「生きるのに肩身が狭くなったり諦めたりする瞬間があると思いますが、この日のことを思い出してください。ずっとずっと自分に誇りを持って、進み続けていってほしいと思っています」、「わたしもマイノリティーのひとりとして、みなさんと一緒にこれからも一緒に歩ませていただきたいと思っています」と話し、『Boys&Girls』など7曲を歌い上げた。

インターネットの掲示板では、この日も浜崎の体型のことが話題になった。

《あゆに油が乗りました!》
《最早原型留めていない》
《多分コルセット外したらそのへんのおばさんみたいな腹が出てくるだろう》
《女子プロいけそうだな》

浜崎のことが芸能ニュースになる度に、デビュー当時と体型が違う姿をネタされるのは定番となっている。

だがこの日、もうひとつ話題になったのが、「わたしもマイノリティーのひとりとして」と話したことだ。

《ゲイでもレズでもないのに何故マイノリティー??》
《セクシャルマイノリティーじゃない人が、あたかもそうであるような発言は、逆に失礼に当たると思うけど…》
《何に対してのマイノリティー?それよりライザップした方が話題になりそう。》

このように、浜崎はセクシャルマイノリティーではないと思われるのに、発言趣旨がおかしいという指摘だ。

 

「マナーが悪いところが想像できる」

それだけではなく、浜崎の2丁目通いについては《ウエルカムなのは一部の店だけ》、《10人ぐらいの大名行列で大騒ぎしながらやってくるから、彼女が通う店の周りの店からは疎まれていた。》、《みんながみんなもろ手を挙げて歓迎しているわけじゃない》と報じているネットメディアもある。

このことについても、手厳しい投稿が並んでいる。

《ゲハゲハバカ笑いして下品にはしゃいでるんだろうね。想像できるくらい煩くてマナー悪くて酷いんだろうね。他のお客さんのこと考えなよ。店側もかなり迷惑してるだろうね。》
《10人くらいの大名行列w 容易に想像できる。今でも大名行列は変わらないんだろうね。》
《確かに団体でしかもうるさ過ぎると他のお客さんにも迷惑だもんね。 この人数人行動出来んのかな??》

浜崎は自身の発言と行動が周囲に迷惑を掛けていないか考える必要がありそうだ。

 

【あわせて読みたい】