クロちゃん「余命宣告」に危機感を持たず炎上招く

『安田大サーカス』のクロちゃん

(C)まいじつ

2型糖尿病と診断されていたお笑いトリオ『安田大サーカス』のクロちゃんが、TBSのバラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』に出演し、医師団に対して「あいつら適当なこと言ってる」、「産婦人科の女がそんな分かるわけがない」と暴言を吐いて炎上したのは今年2月のこと。その後、4月23日の同番組でクロちゃんは「24年」と余命宣告されたときに「ほらぁ、全然食べていいじゃん!」と、浮かれていた。

この発言に対して、インターネット上では当時からクロちゃんの楽観的な考え方が危険視されている。

《これ、クロちゃんにノーダメージだろ》
《またいつもの生活に完全に戻るんだろうな》
《医師団はもうクロちゃんを見捨てた方がいい》
《むしろ、この余命宣告のせいでさらに暴飲暴食が進みそう》

それを裏付けるかのようにクロちゃんは5月11日にツイッターへこんな投稿をしていた。

この投稿が例に漏れず炎上している。

《だから医者が正しいに決まってるだろって》
《冗談抜きに健康とヘルシーという言葉使うな!マジ腹たつ!》
《お・ま・え・は・ア・ホ・か〜!!糖尿病や腎臓疾患は、治らんぞ〜!!今後の生活習慣が大事やのに、無茶苦茶やないけ〜〜〜》
《現に今暴飲暴食してるじゃないですかww》

2型糖尿病は食べ過ぎや運動不足といった生活習慣などが原因になる。初期のころは自覚症状がほとんどないが、放っておくと徐々に全身の血管や神経が障害され、いろいろな合併症を引き起こしてしまう病気だ。そして完治は難しいといわれている。

治療法には大きく分けて2種類がある。血糖値をコントロールするインスリンを注射する薬物療法。そして、栄養バランスの取れた食事をすること、カロリーを抑えること、糖質を制限する食事療法だ。ウォーキングやプールでの水中歩行といった全身を使った有酸素運動をすることで進行が防げるといわれている。

 

糖尿病の治療で嘘の投稿をしてから…

クロちゃんはツイッターで、食事に気を付けて運動もしているといった趣旨の投稿をしているが、これはテレビ番組で嘘だと暴かれたことがあった。その後、同様の投稿をしても信じる人はほとんどいなくなっている状況だ。

こうした言動や行動を繰り返しているクロちゃんは認識が甘いと言われても仕方ないだろう。

 

【あわせて読みたい】