故・高畑勲氏が「遺した構想」宮崎駿監督が映画化か

artnovielysa / PIXTA(ピクスタ)

artnovielysa / PIXTA(ピクスタ)

肺がんのため、4月5日に亡くなった映画監督の高畑勲さん(享年82)のお別れの会が、5月15日に東京都の『三鷹の森ジブリ美術館』で営まれた。色とりどりの草花に飾られた祭壇に、微笑む高畑監督の遺影が飾られていた。

盟友である宮崎駿監督は、式辞の最後に「ありがとう、ぱくさん(高畑監督)。55年前に…、あの雨上がりのバス停で声を掛けてくれたぱくさんのことを忘れない」と大粒の涙を流し、声を詰まらせながら故人をしのんだ。

「宮崎監督は高畑監督に捧げる作品を作るつもりのようです。高畑監督が2000年ごろから構想を温めていた絵巻もので『平家物語』が候補として挙がっています。高畑監督の構想を実現できるのは、宮崎監督以外にいません。今年の終わりごろから具体的に作品をどうするのかという会議が始まると思います」(アニメ雑誌ライター)

 

「再現できるのは宮崎監督しかいない」

宮崎監督はこれまで何度も引退宣言をし、何度も撤回してきた過去がある。ファンも業界関係者も「毎作品、全身全霊で魂を込めてやっているから故の宣言」と、好意的に受け止めている“恒例行事”だ。

SNSでも《辞める辞める詐欺なんて言わないから、高畑監督の思いを形にしてほしい》、《これこそ本当の引退にふさわしい仕事じゃないですか》という投稿が散見される。

「高畑監督の世界観を再現できるのは宮崎監督しかいません。ジブリの総力を挙げて完成にこぎ着けるでしょう」(同・ライター)

大勢のファンの期待が集まっている。

 

【画像】

artnovielysa / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】