近藤真彦が「キャスター業」に興味津々も恐れおののくテレビ局

(C)minoru suzuki / Shutterstock

(C)Shutterstock

ジャニーズ事務所の近藤真彦がキャスター業に興味を持ち始めているという。

「後輩の東山紀之が昨年10月からテレビ朝日の『サンデーLIVE!!』でキャスターを始めたため、近藤もやってみたくなったようです。『東山にできるのならばおれでもできる』と思ったといいます」(ジャニーズライター)

近藤はジャニーズ事務所内のタレント序列でトップに位置している。その次が東山だが、このふたりには大きな差があるという。

「『TOKIO』の松岡昌宏が以前、テレビで言っていましたが、東山と食事をした場合、先に行って待っているのは当然で、東山が入ってくると同時に席から立ち上がり、東山が座るまで立っているのが暗黙のルールだそうです。近藤の場合は店の入り口で待ち、近藤が席に座り、『座っていい』と言うまで立ち続けるというのです。松岡は『マッチさんとヒガシさんでは緊張がケタ違い』と明かしました。近藤はジャニー喜多川社長、メリー喜多川副社長と藤島ジュリー景子副社長、みんなに認められていますが、東山はジュリーさんに嫌われている。この差でしょう」(女性誌記者)

 

副社長になる予定の近藤

かつて、中居正広がSMAP独立騒動にあったとき「なんでマッチなんて仕事してないのに“億”なんだよ」と不満を漏らしていたことが、週刊誌によって報じられた。いかに近藤が厚遇されているかが分かるエピソードだ。

「ジュリーさんが近く社長になる予定ですが、そのときに近藤は副社長になると噂されています。そんな人物をキャスターに起用したら、失敗しても降板させることはできないでしょう。テレビ局の関係者は近藤から売り込みがないか戦々恐々としているようです」(テレビ雑誌編集者)

狙われた局はご愁傷様としか言いようがない。

 

【画像】

(C)minoru suzuki / Shutterstock

【あわせて読みたい】