元AV女優に挑戦の夏帆「結婚と海外移住」を視野に

夏帆

(C)まいじつ

生田斗真と瑛太が主演する映画『友罪』が5月25日から公開される。『心を許した友は、あの少年Aだった。』というキャッチコピーで、衝撃的な内容がクローズアップされている話題作だ。この作品で、女優の夏帆が無理矢理アダルトビデオに出演させられた難役を演じている。

夏帆は今回の映画出演について、所属事務所の公式ホームページで次のようにコメントをしている。

《瀬々監督から、毎回「リミッターを超えてください」という演出をされて、頭がまっしろになり、監督が思う限界点まで到達できていたのか撮影が終わった今でもよく分かりません。身も心もへろへろになって、答えが分からなくてもがいて。それでも、誰よりもまっすぐに全身全霊でこの作品にぶつかっていく監督をみていたら、弱音を吐いてる場合じゃないと、わたしも腹をくくって挑ませていただきました。公開はまだ少し先ですが、楽しみにしていただければと思います。》

夏帆はこの映画に出演するにあたって、恋人と噂されている俳優の新井浩文に何度かアドバイスを受けたとされている。

「夏帆は2015年に映画『海街diary』でカンヌ映画祭に参加して、世界を志向するようになりました。同じく職人肌で映画通の新井と話が合うようです。将来的には海外移住も視野に入れての交際のようです」(芸能記者)

 

交際は順調

新井と夏帆の交際報道があったのは2016年5月のこと。いまも順調に交際が続いているようで、4月末には東京都内のカフェで一緒にいる様子の目撃談があったと一部で報じられた。

「目撃した人によると、すでにふたりは夫婦のようなたたずまいだったようです。カフェで新井と別れてひとりになると、夏帆は個人教授を呼んで英会話レッスンを受けていたと聞いています」(芸能記者)

夏帆は海外映画の出演をにらんでいるのだろうか。

「役者としてもっと幅広くトライしたいという思いは、新井と出会ってから広がったはずです。新井は来年の1月に40歳になりますから、夏帆と新井が結婚する日も近いかもしれないですね。年齢的なことを考えると。年内が妥当なところではないでしょうか」(同・記者)

夏帆の今後がしばらくは注目の的となりそうだ。

 

【あわせて読みたい】