滝沢秀明VS松本潤「ジャニーズ権力争い」激化の一途

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

『嵐』の松本潤が、ジャニーズ事務所の先輩である滝沢秀明を追い落とそうとしているという。

「松本と滝沢はジャニーズのなかでも特別な立場にあるふたりです。昨年、ジャニー喜多川社長は自分が高齢であることを理由に、演出担当の後継者を滝沢か松本のどちらかにすると明らかにしました。社長から指名されれば、将来は約束されたも同然です」(ジャニーズライター)

ジャニーズ事務所のタレントには序列があり、トップは近藤真彦、そこから順に東山紀之、滝沢、木村拓哉、松本の並びだとされている。

「近藤と東山は不動のツートップで、滝沢は暫定で3番手といった感じになっています。木村はSMAP独立の問題があったので4番目まで来るのが精いっぱい。いずれ、松本に抜かれるでしょう。滝沢と松本が3番手を争っているのです」(同・ライター)

 

仕事実績に差が開き始めた両者

松本は、今年の1~3月に放送された連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)が全話を通じて平均視聴率17.6%を記録し、成功を収めた。ジャニーズ事務所内でも俳優として木村を抜いて顔役になりつつある。

「松本は着々と実績を積んでいますが、滝沢はファンのあいだでもなぜ実力者なのか不思議がられているほどです。ジャニー社長、メリー喜多川副社長らのお気に入りとはいえ、ドラマや映画では代表作がない。強いて言えばNHKの大河ドラマ『義経』の主演がありましたが、平均視聴率は20%以下でした。現在は毎年行う舞台『滝沢歌舞伎』しか目立った仕事がない状態です」(芸能プロダクション関係者)

年齢は滝沢が36歳、松本は34歳と、さほど変わらない。実績は松本が上だという認識の人のほうが多い。

「松本はセクシー女優の葵つかさと交際が順調というのも、好感度を増す要素になっているようです。葵との関係は計算されてのものかもしれませんが、滝沢よりは何かと話題になる。嵐でも松本は存在感を高めています」(同・関係者)

滝沢と松本の権力争いは今後も激しさを増していきそうだ。

 

【あわせて読みたい】