渡辺謙ついに離婚「サレ妻」南果歩にも批判

離婚した南果歩と渡辺謙

(C)まいじつ

俳優の渡辺謙が5月17日、妻で女優の南果歩との離婚を発表した。渡辺は2017年3月に『週刊文春』誌上で、元ホステスの36歳ジュエリーデザイナーとの3年に及ぶ不倫が報じられていた。

渡辺はこの報道から3カ月半後に会見を開き、報じられたニューヨークでの密会などの不貞を、「おおむね事実です」と認めた。その際、南とは別居状態にあることも明かし、夫婦関係について「ゆっくりといま軌道修正しているところでございます」と報告し、謝罪をしていた。

南はツイッターで離婚を報告している。

この南のツイートには多くのメンションが届き、励ましの言葉が殺到した。

《果歩さん!応援しています!》
《応援してます!美しく輝く果歩さんでいてくださいね!》
《曇りのない笑顔。素敵な言葉です。様々な葛藤を経ての笑顔はなお一層輝きますよね。前向きな生き方、見習いたいと思います。…おつかれさまでした…》
《お疲れ様でした。よく駅で新しい家の打ち合わせをしていた5年前くらいでしょうか、、、素敵な果歩さんがキラキラしていました。これからも、いい芝居をたのしみにしています。これからの果歩さんの芝居がとても楽しみです。》

しかし、南への投稿のなか次のようなものもあった。

《申し訳ないが、どっちもどっちな印象。渡辺謙の方は浮気とその後の対応で弁明の余地がない。南果歩も渡辺が建てた豪邸に自分の母・姉を含む4人で暮らしていたそうで、普通ではないと思える。》
《自分の家に義親だけならまだしも義理の姉が毎日いたら、渡辺さんもそりゃ家も居心地悪かっただろうなぁ。ただ、闘病している妻より不倫にいってしまうのは同情できない。しかしながら南さんだけがお気の毒というのも違う気がする。》
《お互いの為にこれで良かったと思う。渡辺謙の不倫は問題だが・・米国滞在中に南の母親・姉 いつの間にか同居状態(!)では、渡辺謙も心身ともに休まる暇が無かったと思う・・。それにしても・・不倫で始まる婚姻関係は、長続きしないものだな~とつくづく・・。》

 

渡辺は息苦しさを感じていた?

南が渡辺との結婚するとき、不倫の末のものであったこと。渡辺が東京都内に建設した総工費6億円の大豪邸に、南の母と姉を含む4人で暮らしており、渡辺は“マスオさん状態”だったこと。これらが指摘されている。

一部の週刊誌による報道でも、《マスオさん状態が息苦しくて不倫》と報じられていた。

南は2013年に「しょっちゅう(わたしが)“噴火”しちゃって、『家出する』と宣言して飛び出してしまう(笑)。息子なんかは『3時間で帰ってくるでしょ』なんて言って、扱いなれたものです」と語っていた。渡辺の不倫の原因が南にあったと考えている人は少なくなさそうだ。

【あわせて読みたい】