本田圭佑「意味不明発言連発」ネット上で批判される

サッカー日本代表の本田圭佑が出演した『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)の5月14日の放送が物議を醸している。その原因は、番組内で本田が「ハリルのやるサッカーにすべてを服従して選ばれていく、そのことの方が僕は恥ずかしいと思っている」と語ったためだ。

番組公式ツイッターが番組放送前にこの本田の発言を投稿したところ、《監督の指示に従うことを「服従」と捉えて反発し、そのことを美化する選手のどこがプロフェッショナルなのか》、《もう日本代表を応援する気がなくなった》など、本田の発言に対して多くの批判が集まって炎上騒ぎに発展。この投稿を削除する羽目になってしまった。

物議を醸したのはこの本田の発言だけではなかった。それ以外にも本田は番組のところどころで独特の表現で持論を語っていた。

この発言に関してもさまざまな感想がツイッター上に集まっていた。

《さすがホンダさんwwwかっこいいw いい番組ですねぇ》
《これギャグで言ってるんだよな?》
《意味がわからない》
《プロフェッショナルの部分をおかしい人に変えれば十分可能性はある》
《やっぱこいつはただのサイコパスやな》

 

「コミュニケーション不足」への推察

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ氏が監督を解任された理由について、日本サッカー協会(JFA)会長の田嶋幸三氏は選手とのコミュニケーション不足を原因に挙げていた。だが、これに関して元日本代表監督のイビチャ・オシム氏がインタビュー記事で、ハリルホジッチと選手、そしてJFAとのあいだで何があったのかわたしは知らないと前置きした上で、《チームがこのままで機能しないと思われたときには、監督か選手を代えるしかない。しかし選手全員を取り代えることは困難だ。そんなときに手っ取り早いのは、腐ったリンゴを取り出すことだ。腐ったリンゴは放っておけば、周りのリンゴも腐りだす。監督は原因を作っている選手を特定し、速やかに排除しなければならない。だが、それでもできないときは…監督を代えるしかない。》と話している。

代表選手のなかに周囲に悪影響を与える存在がいることを認めた上で、彼らの扱いを誤ったためにハリルホジッチ氏は追い出されたと読み取れる内容だ。

このオシム氏の推測が正しいとするならば、本田の「ハリルのやるサッカーにすべてを服従して選ばれていく、そのことの方が僕は恥ずかしいと思っている」はチームを壊す発言であり、排除されるのは本田ということになるが、結果は真逆だった。

本田はワールドカップロシア大会のメンバーに選ばれ、なおかつ結果を出さないと戦犯に祭り上げられる状況に追い込まれているといっていいだろう。

 

【あわせて読みたい】