欅坂46・平手友梨奈のものまねでキンタロー。に罵詈雑言が殺到

(C)nasidastudio / Shutterstock

(C)Shutterstock

ものまね芸人のキンタロー。が5月14日に自身のブログを更新し、テレビ番組で披露した『欅坂46』の平手友梨奈のものまねがインターネット上で炎上していると明かした。

キンタローは11日にフジテレビ系列で放送された『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』で平手のものまねをしたところ、直後からネットでは炎上騒ぎに発展し、キンタローのツイッターに賛否両論の意見が寄せられていた。

ブログは『炎上とまらず… ついに….』というタイトルで、《金曜日のものまね紅白歌合戦で披露しました 欅坂46さんのものまねの反響がすごすぎて…. 色々考えてました。》と書き出されている。以前に前田敦子のものまねが話題になったときのことについても触れ、《AKB48の前田敦子さんものまねを披露した時です。その時はこちらのアメブロがオフィシャルではなかったためかなり無法地帯と化して大変な事になったのを今でも覚えてます。私の携帯フリーズしましたから(T▽T)》と綴っている。

また、《実は承認されてないコメントが3000件以上寄せられてます》、《Twitterとかに直接 罵詈雑言が届いてます涙 安心してください。ちゃんと届いてます。泣きながらみてます。。笑》とメンションを見ていると報告し、さらに《事務所にまで、、、!! 松竹芸能にまで怒りの連絡きてるみたいです》と炎上が広がっていることを記した。

 

平手の現在状況もマイナスに作用か

この件に関して、ネット上では平手のファンに対して批判的な投稿が広がっている。

《平和だな》
《笑って見られるくらい余裕のある穏やかなファンがいないなんて平手さんもお気の毒。》
《Yahooトピックにも載ったし これはこれでよっしゃー!って 思って良いんじゃない?》
《モノマネなんてやるのは自由なんじゃないでしょうか?平手さんがやってほしくないと電波を通して言っていたら別ですが… 事務所にも連絡したりするのは欅坂さんのイメージがファンのせいで悪くなりますよね…。》

平手は昨年の『NHK紅白歌合戦』に出場した際に腕を負傷。現在、怪我は治っているようだが、4月に行われた2周年記念ライブをはじめ、握手会やイベントなども欠席が続いている。平手のファンから見たらキンタローのものまねは「こんなときにこんなふざけたものまねをしやがって!」と感じられてしまったのかもしれない。

 

【画像】

(C)nasidastudio / Shutterstock

【あわせて読みたい】