水卜麻美アナ「5月に正月休み」日テレにブラック批判

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

5月21日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)で、MCを務めている水卜麻美アナウンサーが、この日の放送から25日までの1週間、“正月休み”を取ることが発表され、代役の中島芽生アナウンサーが登場した。これを知った視聴者からは「働かせすぎ」との意見が出ている。

番組冒頭で中島アナが水卜アナの不在について「今週1週間、水卜アナウンサーが遅すぎる正月休みをいただきますので」と、MCの加藤浩次と近藤春菜を交えて説明。近藤は5月に正月休みという異例さに思わず吹き出していた。

その後、加藤は「遅すぎるでしょ」、近藤も「春休みも過ぎてますよ」とクレームを入れていた。加藤は「もう6月にもなろうとしてるんですよ?」と言いながらも「それだけ水卜アナも働いてますから、1週間ゆっくりしてもらいましょう」とその場を収めた。

水卜アナ不在で番組は進行したが、イギリスのヘンリー王子の結婚式のニュースで水卜アナが現地に訪れていることが明かされ、その様子を動画や写真で紹介していた。

 

「スッキリ移籍して以降出ずっぱりだったような」

水卜アナの遅すぎる正月休みについて、ツイッターでは日本テレビの労働環境を批判する投稿が相次いだ。

《働きすぎだよ水卜アナ》
《水卜ちゃん確か去年夏休みすら取ってなかったよね?ヒルナンデス時代は夏休みを10月に取ってたけど、そのタイミングでスッキリ移籍して以降出ずっぱりだったような》
《半年前の休みをやっと消化出来るとか日テレブラック過ぎ。演者のみんな笑ってたけど、まじ笑えない》

また、休暇を取ったにもかかわらず番組に出演した水卜アナについても投稿があった。

《休暇中なのにロイヤルウェディングを取材させてることにもドン引き……稼ぎ頭にこそそのへん手厚くしろよ。》
《女子アナって稼げるんだな〜水卜ちゃんイギリスで休暇中だって》

このように、異国で休暇を過ごす水卜アナや、水卜アナを休暇中に仕事させる局側を批判する声もあった。

『働き方改革』が進む昨今だが、人気アナには浸透していないようだ。

 

【あわせて読みたい】