乃木坂46・斎藤ちはる「女子アナ内々定」報道の秘密

秘密

(C)ra2studio / Shutterstock

アイドルグループ『乃木坂46』の斎藤ちはるが、民放キー局のアナウンサー職に内々定したと報じられた。斎藤は5月20日に行われたコンサートで、グループからの卒業を発表したばかりだ。乃木坂の卒業生がアナウンサーとなれば、この春に日本テレビへ入社した市来玲奈に続いて2人目となる。

「現役の明治大学生という知性と、長身でお姉さんタイプというルックスがアピールポイントで、女子アナに内々定しても不思議はない印象です。乃木坂のなかではそこまで人気が高いわけでもなく、実際に伸び悩んでいましたから、彼女にとってはとてもいい話だと思います」(アイドルウオッチャー)

卒業発表の当日である20日、斎藤は自身のブログを更新し、《約7年、本当にありがとうございました》と、ファンに向けて感謝を綴っている。

一方で、そのファンたちによるインターネット上のコメントは悲喜こもごもだ。

《ちーちゃん、卒業おめでとう!》
《めっちゃ寂しい…ずっと応援してるよ》
《生駒ちゃんの卒業に続いてまたひとり…悲しすぎる》

斎藤自身も同月10日のブログで、同じ乃木坂46の生駒里奈の卒業について触れたばかりだった。しかし、そのときにはすでに自身の卒業も決まっていたはず。生駒と同じタイミングで卒業するにもかかわらず、なぜ発表のタイミングが違ったのだろうか。

 

スキャンダル隠しに利用された?

「まず挙げられる理由としては、コンサートでサプライズを用意したかった運営の思惑があるでしょう。そして、放っておいても騒がれる生駒の陰に隠れないように、という所属芸能事務所の親心もあるはずです。また、内々定がはっきりしたのがこの数日のあいだだったという可能性も考えられます。さらには、西野七瀬のスキャンダルを隠すためではないかという“黒い噂”も囁かれています」(同・ウオッチャー)

西野は乃木坂46でナンバーワンともいわれる人気メンバー。5月19日に男性ディレクターを自宅へ泊めたという過去を報じられたばかりだった。

「生駒の卒業に続いて西野の下半身スキャンダルとくれば、乃木坂は半壊状態になりかねません。斎藤の女子アナ内々定を持ち上げて、わずかでもスキャンダルから話題をそらしたかったという“もくろみ”がないとは言えないでしょう」(同・ウオッチャー)

斎藤は“捨て駒”として使われたのだろうか。

 

【あわせて読みたい】