綾瀬はるかが失恋&主演ドラマ低視聴率のWショックで体型に変化が…

「昨年末から今年1月ごろにかけ、綾瀬の要望で31歳誕生日のある3月に松坂との入籍の話を進めていたのです。しかし、松坂が所属芸能事務所から強い反対を受け、最終的に首を縦に振らなかった。それがきっかけで関係がギクシャクし、3月に入ってから破局したようなのです。綾瀬は失恋のショックで、年明けからしばらく、ふさぎこむことが多かったのです」(芸能事務所幹部)

さらに、1月期の主演ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)が平均視聴率6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という数字で幕を閉じた。

「昨年のNHK紅白歌合戦で紅組司会を務めるなど、上り調子の中での主演ドラマだっただけに、今回の低視聴率には綾瀬本人も大きなショックを受けています。松坂との破局に続く衝撃で、綾瀬は相当まいっているようです」(同)

そんな綾瀬は、3月19日にスタートした足掛け3年にわたって放送されるNHKの“大河ファンタジー”と銘打ったドラマ『精霊の守り人』でも主演をしている。冒険ファンタジードラマで、綾瀬は王子を守る用心棒役を演じ、激しいアクションが取り入れられる見込みだ。

「初回放送では、共演で妃役の木村文乃と一緒に、露天風呂で入浴するシーンがありました。相手に捕まった用心棒の綾瀬は、みそぎとして入浴を命じられたという設定です」(放送記者)