アメリカ政府情報専門官による「金正恩最新プロファイル」

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

アメリカのドナルド・トランプ大統領が昨年11月に訪韓した折、青瓦台(韓国大統領府)で演説し、北朝鮮を「カルト国家だ」と断罪した。その骨子は以下の通りだ。

《北朝鮮は狂信的なカルト集団に支配された国である。この軍事的なカルト集団の中核には、朝鮮半島を支配し韓国人を奴隷として扱う家父長的な保護者として指導者が統治することが宿命、との狂った信念がある》

2016年、北朝鮮から韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英大使館公使は北朝鮮から「人間のくず」と呼ばれ、その発言はすべて“たわごと”と一蹴されているが、去る5月14日にソウルの国会議員会館で講演し、以下のように語っている。

「北朝鮮が要求する“体制安全保障”は結局、金ファミリーの世襲統治が永遠に存在できるようにすることだ」

アメリカ政府の情報専門家は、6月に開催予定だった米朝首脳会談のために金正恩党委員長の“プロファイル”構築に取り組んでいた。だが、隔靴掻痒(かっかそうよう)というのが現実なようだ。

「CIA(アメリカ中央情報局)は正恩氏が権力の座に就いたとき、長くは続かないだろうと予測していました。だがそれから7年後、そうした予想は撤回され、いまでは非情なやり手の指導者だと見られています。最近では、核開発を遂行する強硬姿勢から外交的アプローチへと転換した正恩氏の機敏さに、アメリカの専門家の多くが過去の概念を払拭しなければならないほどでした。とはいえ正恩委員長と二度も会談したマイク・ポンペオ米国務長官が同氏に抱いた印象は、大きな手掛かりになるでしょう。アメリカ当局者によるとポンペオ氏は帰国後、正恩氏を『首脳会談に向けて準備している抜け目ない人物』との個人的な評を下したといわれます」(米朝鮮半島専門のシンクタンク関係者)

 

正恩委員長のプロファイルのために証言した人々

正恩委員長の新たなプロファイルには、アメリカプロバスケットボール協会(NBA)の元スター選手であるデニス・ロッドマンや、スイス寄宿学校時代の元クラスメート、脱北者、韓国の外交官、2000年に北朝鮮政策調整官として当時のマデレーン・オルブライト国務長官と北朝鮮を訪問して故・金正日総書記と会談したウェンディ・シャーマン氏など、過去に正恩委員長と直接、間接的に接した経験を持つ人物たちの証言によって集めた情報が入力された模様だ。

「かつて金正日総書記の専属料理人だった藤本健二氏の回顧録も、二次的な資料として参考にしているようです。こうして集めた情報によって、正恩委員長の行動や動機、人格や指導スタイルについての政府機密ファイルが更新され、史上初となる米朝首脳会談に向けてトランプ大統領や側近が交渉戦略を立てる一助となるのです」(同・関係者)

トランプ大統領は、どうカルト国家を料理するつもりなのだろうか。

 

【あわせて読みたい】