松居一代に声援を送る「意外な勢力」

(C)まいじつ

女優の松居一代が5月24日、昨年12月に離婚した元夫で俳優の船越英一郎に名誉毀損で刑事告訴されたことを受けて、警視庁北沢署で任意の事情聴取に応じた。

午前8時55分に松居は自転車で同署に到着。近所に買い物に行くようなカジュアルさで、前かごには百貨店の紙袋が入っていた。水筒も持参し、集まった報道陣約30名に「おはようございます」とあいさつしてから署内へ向かった。

約3時間半後の12時25分に笑顔で北沢署から出てきた松居は「わたしは嘘を一切ついておりません。正直に堂々とすべてをお話しさせていただきました」と強調。持参した紙袋を指し示し「持って来ているのはそれを裏付ける大切な証拠の物です。胸を張って正直に全く嘘なくお話しました」と繰り返した。紙袋の中身は明かさなかった。

松居は離婚調停中の昨年7月、自身のブログやYouTubeへ投稿した動画で、船越が勃起不全(ED)治療薬のバイアグラを使用して人妻と不倫しているなどと一方的に主張。同署によると、同9月に事実でないことで中傷を受けたとして、船越側から名誉毀損容疑の告訴を受理していた。

松居は船越についての言葉を求められると、厳しい表情で「船越さんはもう他人様でいらっしゃいます」と冷たく言い、自転車で走り去った。帰宅途中には自宅近くの神社に寄り、ブログで《松居一代は決して嘘をつきませんどんな時も胸を張って正々堂々と生きていくことも神様へ改めて宣言をして参りました》と報告した。

 

今後に予想される展開は?

にわかに再び注目を集めはじめた松居の行動だが、今後の展開は予断を許さない。ある弁護士は次のように話す。

「松居がYouTubeに投稿した動画がどこまで公益性があるのかがひとつのポイントとなるでしょう。公益性を松居が立証できなければ、刑事罰が科される可能性が高いと思われます」

SNSでは意外にも主婦たちから応援の書き込みが多い。

《妻をバカにしたことを後悔させてほしい》
《離婚を決意するほどないがしろにされた復讐劇を見せてやれ》
《船越は司法の力で攻撃してくるが、一緒に生活しているときになぜ話合わなかったのか》
《船越は女々しくて見ていて痛々しい》

「もしもまた法廷が開かれることになったら、証明すべき立場なのは船越サイドですから、本人が法廷に出ざるを得なくなる。みっともない私生活が暴露される可能性があるのに、覚悟して船越は刑事告訴したわけですから、船越も相当な覚悟で裁判に臨むでしょうね」(芸能関係者)

離婚が成立しても、まだまだ憎しみ合う船越と松居。この怨嗟の炎は決して消えることはないのだろうか。

 

【あわせて読みたい】