西城秀樹の会葬品を大量出品「死者を冒涜」激怒の声

(C)まいじつ

5月25日と26日に営まれた歌手の西城秀樹の通夜、葬儀・告別式の配布品が早くも大手インターネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が上がっている。

25日の通夜では一般参列者用にも祭壇が設けられ、2014年のコンサートの写真が入ったポストカードが配布された。このカードは2日間で計2万枚が用意され、開始数時間前から多くのファンが列を作っていた。

すると27日に、この配布品などが《お別れの会 祈念品一式》などとしてオークションに出品されており、数万円の高値がついた。ネット上では《転売するために参列したと思うとゾッとする》、《人としてどうなの》、《ポストカードは欲しいけど…》と批判が殺到。同一の出品者が多数出品しており、「どうやって、これだけの量を確保したのだろう?」と疑問の声も上がっていた。

芸能人の葬式のたびに、“人を派遣して記念品を持ち帰る”というオークション業者が散見できるようになったのはここ2、3年のことだ。

「芸能人の引き出物などは、数に限りがあるが、葬式の場合は何千人も訪れるからグッズをもらえる可能性が広がります。そこに付け込んで大量に葬儀場に人を送り込む業者がいるのです。もともとタダでもらったものですから原価がかかっていません。数万円で落札されるならボロもうけ。死者への敬意のかけらもない腹立たしい行為です」(芸能関係者)

 

「人の善意を逆手にとる汚いビジネス」

数年前は、藤原紀香と片岡愛之助の披露宴での引き出物に数万円の値打ちがついたことがある。

芸能人の葬儀に来るのは根っからのファンばかり。運営側から見れば、「弔いに来てくれた」として配布品を感謝の念で渡してしまうのは人情だろう。

SNSでは西城のファンでなくとも怒りの投稿が広がっている。

《人の善意を逆手にとる汚いビジネスだと思う》
《数万円で記念品を売る神経がよく分からない》
《あまりにも不道徳なオークション品は取り締まれよ》

「もう二度と手に入るチャンスがないと思えば、ファンはグッズを欲しがるでしょう。タイミングがあまりにも絶妙で、最初から商売を狙っていたとしか思えない。ファン心理を利用した卑劣なビジネスで、これに乗っかっていってはいけないと思います」(西城のファン)

ちなみに、葬儀ではどさくさに紛れて、訪れたファンに西城のブロマイドなどを売る業者がいたという。世知辛いといえばあまりにも悲しい出来事だ。

 

【あわせて読みたい】