藤田ニコルが平気な顔で「イモムシを食べる」ことに心配の声

藤田ニコル

(C)まいじつ

5月29日に放送されたバラエティー番組『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)で、31日に迎える有吉弘行の誕生日に向け、親交の深い芸能人がプレゼントを購入していくという企画があった。このとき、藤田ニコルが購入したプレゼントに対して視聴者から心配や批判が出ている。

番組内でカンニング竹山はキャンプ用品店を訪れてテーブルと椅子を購入。田中卓志は野球用のグローブを選ぶなど、出演者たちは高価ながらも無難なプレゼントを用意していった。そんななか、藤田は東京都西多摩郡にある『アメリカキャンプ村』を訪れ、「いい虫をプレゼントしたい」と同行した生物ライターの平坂寛氏に質問し、「イモムシが旬」と聞いて探し始めた。

滝沢カレンなど、この様子をVTRを見ていた共演者は「気持ち悪い」と悲鳴を上げ、はじめは藤田も悲鳴を上げて怖がっていたが、徐々に芋虫に慣れていった様子で恐る恐る芋虫をつまみあげていた。その後は、ガの幼虫も捕まえ、カメラに向けて“決め顔”を見せる余裕も出てきていた。

藤田はイモムシを塩ゆでにして調理。スタジオで有吉が「嘘だろ」と叫ぶなか、VTRで藤田はイモムシをかじってみせた。かじる瞬間は嫌そうな顔をしていたものの、味わった瞬間には「ヨモギ(の味だ)、おいしい。和菓子に合う」と平然とした顔に戻っていた。さらに藤田はイモムシを口にくわえながらコミカルに横に動くなど、おどけて見せた。

イモムシを水ようかんにして有吉にプレゼントした藤田は、番組終了後にツイッターへこのときのロケの写真を投稿している。

《私の職業はモデルですけど、このテレビの体張るお仕事は大好きです》、《テレビの視聴者さんに こいつやべーだろ!って思われるのがとっても嬉しい》とつづり、ロケの楽しさを伝えていた。

 

体を壊さないか心配する声も

藤田の喜びようとは対照的に、視聴者からツイッターに心配する投稿が多くされていた。

《なんでもそうだけど、調子に乗り過ぎると身体壊すよ》
《無理しないでね。頑張り過ぎて心も身体も壊さないで欲しい》
《凄すぎて軽い気持ちで芸能界に入ろうとは思わなくなりました》
《無理なはなさらずに嫌な事素直に嫌といってね》

なかには《モデルじゃ食えないもんな どっちつかずの方が食える》と皮肉めいた投稿もあった。藤田はこのまま体を張りつづけて“芸人化”していくのだろうか。

 

【あわせて読みたい】