熱愛発覚の小嶋陽菜が「AV出演か?」とネットで話題に

小嶋陽菜

(C)まいじつ

元『AKB48』の小嶋陽菜の熱愛が5月31日発売の『週刊新潮』(6月7号)誌上で報道された。相手はIT企業のDMM.comのグループ会社『ピックアップ』で社長を務める25歳の男性だという。小嶋は今年4月にアメリカのカリフォルニア州で行われた野外音楽フェスに訪れたことを自身のツイッターに投稿していたが、この社長もそれに同行していたとして、記事では“婚前旅行”だと伝えられている。

「小嶋は、これまで多くの男性芸能人と噂になりましたが、いずれも確たる証拠を握られたことはなく“スキャンダル処女”を貫き通していました。AKB卒業から1年が経ち、自身も30歳を迎えたことで、いよいよ恋愛に本腰を入れる気になったということでしょう」(芸能ライター)

 

相手男性の仕事内容を揶揄して…

インターネット上では驚きの声が上がる一方、小嶋の30歳という年齢もあって冷静な反応も多く見られる。

《終身名誉処女の称号をあげたい》
《仮に裏でヤリまくっていたとしても、ここまで逃げ切ったのは評価すべき》
《祝福はする。ただしもうファンは辞める》

なかには、相手男性の関連企業であるDMM.comが、アダルトビデオの通販サイトとして急成長を遂げた経緯があることから、《AV転向のきっかけかな》と勘ぐる投稿もあった。

《捨てられたら直行》
《30歳でも全然いける》
《さすがにゃんさん、AV期待》

「小嶋はパンチラが話題になったドラマへ出演したり、下着ブランドのモデルをしたりと、スタイルのよさ生かした仕事が多い。本人もツイッターやインスタに際どい写真を投稿することがありますし、肌の露出については抵抗がないようです。だからといってAV出演はありえないと思いますが、本人もファンも“ネタ”として大いに楽しんでいるのではないでしょうか」(同・ライター)

今後の“進路”は結婚か、はたまた…。

 

【あわせて読みたい】