【吉見健明のダッグアウト取材メモ】金本阪神が手本とする「古き広島野球」

金本監督と掛布雅之二軍監督は、キャンプ前から「高山、横田はなんとしても開幕から使って育てたい。阪神の将来を担う素材だからね」と期待していた。

しかし、周囲を納得させるには結果が必要だ。

「本人たちを甘えさせてはいけない。若い選手を鼓舞する『頑張れ』とはあえて言わなかった」

金本監督と掛布二軍監督は、事前に打ち合わせをしており、彼らを「使う!」というマスコミへのコメントは避けていた。むしろ不安視する発言をしたのだ。

掛布二軍監督が私にその裏側を教えてくれた。

「阪神の首脳陣が期待する選手を、マスコミは一面に書いてくれるのはいいが、本人が勘違いしてしまう。だから絶対に最初から『使う』とは言わなかった」

昨年、高山が東京六大学通算安打新記録を達成したシーンに私は遭遇した。元巨人スカウトの中村和久氏も観戦していた。

「高山はプロでは即戦力です。ものが違う。数字は残しますよ」

中村氏は自信ありげに高山の素質を評価していた。

その高山に刺激を受けたのは高卒3年目の横田だった。

「横田は、高山の非凡な才能に触発されたのだと思います。私はテスト生同然で阪神に入った。東京六大学出身の田淵さんを見て、かなり力の差を感じたことを覚えています。『六大学のスターに負けたくない!』と思う心境と同じでしょう。春季キャンプで一軍スタートした横田へは『二度と(二軍に)戻ってくるな!』と送り出しました。彼は(オープン戦で)結果オープン戦を出しましたね」(掛布二軍監督)