【吉見健明のダッグアウト取材メモ】金本阪神が手本とする「古き広島野球」

私が高山、横田の1、2番コンビで思い出すのは、古葉広島が日本一を達成した年に活躍した高橋慶彦と山崎隆造だ。

当時の広島のエースだった野球評論家の池谷公二郎氏が語る。

「中距離打者を1、2番に抜擢したのが古葉監督でした。1、2番の出塁率が高いとクリーンアップの『気合いの入り方が違う』と、三村(敏之)さんと(山本)浩二さんも言っていました。広島野球のチーム作りの原点を金本は把握しているんですよ」

金本監督は広島時代の古葉監督、三村監督の野球を手本にしている。特に就任直後、金本監督は二軍時代にしごかれた恩師の三村氏の墓参りをしている。

外様監督として、阪神にはない “広島野球”を貫こうとしている。