広瀬香美の芸名「使用禁止」に「湯婆婆か」

シンガーソングライターの広瀬香美が5月28日にツイッターを更新し、新しい事務所への移籍を発表した。

これに対して、前所属事務所の『オフィスサーティー』が5月31日に公式サイトで『広瀬香美』の芸名使用の禁止と芸名を使用した芸能活動の一切の禁止を求めていると発表した。

《「広瀬香美」は弊社代表取締役である平野ヨーイチ氏が命名した芸名であり,「広瀬香美」の芸名の使用権限は,弊社及び平野ヨーイチ氏に帰属しており,弊社当社所属のアーティストとしての活動以外には,「広瀬香美」の芸名を使用できません。》

《弊社としては,このような石井麻美氏の一方的な対応に強く抗議し,「広瀬香美」の名を使用した芸能活動の一切の禁止を求めるとともに,断固たる法的措置をとる所存であります。また,今後,石井麻美氏が「広瀬香美」の芸名を使用した芸能活動を行った場合には,これに加担した第三者に対しても,損害賠償請求の対象とすることを含め厳しい対応をとる所存でおります。》

すると広瀬は、この発表の同日にツイッターにいままで通りの歌手活動をすると投稿し、前所属事務所との溝の深さをうかがわせた。

 

法律上での見解は?

この騒動に対してインターネット上では反響が広がっている。

《能年玲奈ちゃんの時もだけど、こういうのおかしいよね。》
《芸歴長くても、すんなり独立出来ないもんなんだね。芸能界って怖い。》
《「広瀬香美」使用禁止って…バカな事まだやるとこあるのね〜〜。加勢大周でもSMAPでも使用禁止だって言われても受け止める視聴者側はそうとしか見えないんだから…名前を取り上げたってね何もならないってまだ分からないのかな? 事務所は湯婆婆かっての。誰がどっからどう見ても「広瀬香美」だからね》
《また事務所移籍したら名前使えないとか元事務所が言ってるんだね。この芸能界が変わらないと何も変わらないわ。》

このように、前所属事務所の行動に対しておかしいという意見が多い。

芸能人が名前の使用を禁止されたといえば、能年玲奈の例があるが、能年は『のん』という芸名にして現在も芸能活動を続けている。

芸名の使用禁止は法律上可能かどうか、弁護士の見解によれば事務所の請求が認められる可能性は低いという。

この騒動はどういった結末を迎えるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】