AKB48に「しがみつく」峯岸みなみ「強制引退」プラン発動か

(C)まいじつ

『AKB48』で最後の1期生になった峯岸みなみに“強制引退”の危機が迫っている。

6月16日に開催される『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベントの速報値が5月30日に発表され、峯岸は今年も圏外からのスタートを余儀なくされた。昨年も速報時点で圏外ながら、最終的には19位にまで上り詰めている。

そんな峯岸は5月31日に日本テレビ系列で放送された『ダウンタウンDX』に出演し、「AKBの仕事が入ってこない」と愚痴を言う場面があった。「新しいAKBを見せていこうとしているので、わたしには、ほぼほぼ仕事が入ってこないんですよ」と告白し、主な仕事は握手会くらいだそうで「来てくれるのは、ひと山越えても付いてきてくれる常連の人と、もう卒業するだろうから、という記念握手の人ばかり」と周囲を笑わせた。