Kokiデビュー「絶妙タイミング」工藤静香のステージママ作戦

Koki(コウキ)の母親=工藤静香

(C)まいじつ

木村拓哉と工藤静香の次女のKoki(コウキ)が、女性ファッション誌『ELLE JAPON』7月号でモデルデビューし話題となっている。そして早くもインターネット上を中心にアンチファンが出現している。

ネット上では、Kokiのインスタグラムに投稿された《A STAR IS BORN》という言葉に《親の七光りで何いってんだ》、《自らスターとはすでにかなりの大物だな》などと辛辣な意見が広がっている。

View this post on Instagram

#Kōki, #covergirl #debut #ellejapan @ellejapan

A post shared by Kōki, (@kokiofficial_0205) on

「キムタクと工藤静香の娘ということで、最初から脚光を浴びるのはある意味仕方ないとも言えますが“トップモデルを目指す語学堪能な美女”として、周囲が持ち上げ過ぎる部分が反感を買っているのでしょう。本人は“キムタクの娘”ということを隠してデビューしたかったという話も伝わっていますが、無名のモデルがいきなりファッション誌の表紙に抜擢されることはありません。デビューするにあたり、かなりプロモーション戦略が練られていたはずです」(芸能記者)

実際に関係者のあいだからは、母親の工藤がかなりの“ステージママ”ぶりを発揮して、Kokiのプロモーションに躍起になっているとの話が伝わっている。

 

あえて選んだファッション誌デビュー

「工藤は、おっとりとした性格の長女には音大で音楽を勉強させていますが、ハキハキとした性格の次女は芸能界向きと、数年前からデビュー時期を見計らっていたようです。SMAPが解散したことで、いままでほとんど明かされることのなかった木村のプライベートな部分を解禁するようになり、次女のモデルデビューもベストタイミングだと考えたのでしょう。本来であればティーン誌や漫画誌にいま流行りの“モグラ女子”として売り込む方法があったはずですが、ファッションモデルとしてのイメージを強くするために、あえてファッション誌でデビューさせたのです」(スポーツ紙記者)

身長170センチメートルで、木村似の整った顔立ちともなれば、一流モデルも夢ではないように思える。だが実際、パリコレクションなどで活躍する世界のトップモデルは、最低でも身長175センチ以上は必要で、顔立ちもエキゾチックな作りの方が好まれる。いくらKokiが鳴り物入りでデビューしても、トップレベルには遠く及ばないのは明らかだ。

大物二世芸能人のモデルと言えば、昨年10月に後藤久美子の長女のエレナ・アレジ・後藤が華々しいデビューを飾っているが、いまではモデルとしての仕事は皆無に等しく、早くも芸能界から引退するのではという噂が流れている。

今後、Kokiが両親を超えるような活躍ができるかどうかは、まさに本人の実力次第と言えるだろう。

 

【あわせて読みたい】