小林麻耶に迫る「妹の命日」と危ぶまれるメンタル

フリーアナウンサーの小林麻耶

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの小林麻耶が5月31日に投稿したブログの内容が憶測を呼んでいる。小林のブログは『お久しぶりです。。。』のタイトルで22日以来、9日ぶりに更新された。

《大変、御無沙汰してしまいました。ご心配かけてしまい、ごめんなさい。メッセージ とても、有り難かったです。体調は、大丈夫です。ココロは、ドタバタしてました。今日から またよろしくお願い申し上げます!》

このようにつづられており。どうやら精神的に不調だったことをうかがわせている。

ファンからはコメント欄に小林のことを危ぶむ声が多く寄せられていた。なかには《とてもお辛い気持ちの中いられるのではないかと感じています。麻央さんの命日と長女の命日が近いこともあり…》と、昨年6月に34歳の若さで死去した妹の小林麻央さんと結び付けて案じるものもあった。

投稿の再開にファンからは安堵の声が多く寄せられたものの、命日である6月22日が近づくにつれ、再び精神的に落ち込むことも予想されるためか、一部のファンからは《独りでいたらダメだよ!》、《姪っ子、甥っ子の顔を見に行きなよ!」》などのアドバイスもあった。

 

気分転換が必要だが…

「麻耶は、ここのところしばらく人と会わず、独りで過ごしていたと思われます。知人から気分転換に旅行にでもと誘われているようで、近いうちに日本を離れるからもしれません」(芸能関係者)

いまだに妹の麻央の死が影響しているのだろう。

「ここ半年ほどは元気だったのですが、やはり5月という季節が影響していたのかもしれませんね。社会人も憂鬱になるシーズンですから」(東京都内の精神科医)

小林の周囲では、「会ってみたらどう」と男性を紹介する話がないこともないようだが、いかんせん本人が乗り気ではないという。

小林の心が晴れやかなものになるには、一筋縄ではいかないことも含めて、さまざまな可能性を考える必要がありそうだ。

 

【あわせて読みたい】