元AKB48川栄李奈「こんなレベルなの?」取材現場で存在感なし

元『AKB48』川栄李奈

(C)まいじつ

元『AKB48』川栄李奈が5月29日に東京都内で行われた携帯電話会社の新CM発表会に菜々緒、有村架純とともに出席した。

「この3人はCMで共演していますが、イベントに3人がそろったのは今回が初めてです。左から川栄、有村、菜々緒の順に並んで質問を受けていたのですが、川栄が地味過ぎて、全く存在感もないのにはビックリしました」(スポーツ紙記者)

この発表会で初めて川栄を見た記者のなかには「こんなレベルなの?」と思わず漏らす者もいた。

「AKBに所属していたアイドルは卒業後に大成しないというジンクスがあるなかで、川栄はAKB在籍時よりも人気が出たという数少ない存在です。インターネット上では《一番の出世》と投稿されていたりもします。でも、有村たちと並んだときに取材陣からは『やはりAKBレベル』という声が出ていました」(同・記者)

川栄はAKB48選抜総選挙で2014年に16位だったのが最高位で、直前の握手会でノコギリを持った暴漢に襲われ、右手親指に裂傷と骨折の重傷を負い、傷害事件として大騒ぎになったことがある。

「事件報道の前はAKBのファンでなければ川栄のことを知っている人はほとんどいなかったでしょう。翌年の2015年にAKBから卒業していますが、その際もさして話題にはなりませんでした」(女性誌記者)

 

AKB卒業後にドラマやCMで知名度を上げてきたが…

しかしAKB48から卒業したあとは、2016年にNHKの朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演。以後もドラマへの出演を増やしていき、現在放送中の『崖っぷちホテル!』(日本テレビ)にも出演中だ。

「コーヒーのCMでビートたけしと共演したことで、価値が飛躍的に上がったのです」(同・記者)

しかし、CM発表会では有村や菜々緒に見劣りしていたのは否めなかったという。

「有村は正統派アイドルといった存在感があり、菜々緒は代名詞となっている“悪女”のようなオーラが漂ってさすがの雰囲気でした。ところが川栄には芸能人らしさが感じられないのです。AKBのときと同じように、有村と菜々緒の存在感に埋もれている感じがしました」(前出・スポーツ紙記者)

ドラマで主役のできる女優ふたりを相手にしては、まだまだ厳しいのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】