ガイアの夜明け「告発」!手抜き工事「レオパレス伝説」

紙の家

(C)アメリ / PIXTA(ピクスタ)

5月29日放送の『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)が、賃貸アパート大手の『レオパレス』のアパートに建築基準法違反の疑いがあることを告発した。同日の放送は、不動産投資の実態に切り込んだものだった。

番組によれば、レオパレスの一部のアパートの天井裏には、遮音や延焼を防ぐ『界壁』が設置されていなかったという。

株式会社レオパレス21は5月29日に東京都内で記者会見を開き、田尻和人専務らが「計206棟のアパートで施工不良を確認した。当社に施行管理責任がある」と謝罪した。

建築基準法では、火災時の延焼を防ぐために、界壁を天井裏に設置するよう定めている。同社は対象のアパート全3万7853棟を6月中に調査し、不備があるアパートは改修するという。

このことを受け、ツイッター上にはレオパレスに住んだことのある人々から多くの体験談が投稿された。

《「レオパレスって壁薄いんでしょ?隣のスマホの着信音とか聞こえたり」「着信音どころかバイブの振動音で目が覚める」》
《ウチ(の社宅)もレオパレスなんだよなぁ… 隣の部屋の調理音が聞こえるくらいに壁薄いのなんとかして欲しいな》
《壁薄いどころの騒ぎじゃないよレオパレス、隣の部屋の洗濯機に注水始まったら床が揺れるからな ベッド脇の壁が振動してると「あー隣のあんちゃん致してるんだな」って分かる(分かりたくない)》

このほかにも、足で壁を押すと壁全体が揺れる動画も投稿されていた。

 

ネタか本当かわからない「レオパレス伝説」

また、ネットの掲示板には『レオパレス伝説』 という都市伝説めいた逸話が箇条書きで列挙されてもいる。

【レオパレス伝説】
・エアコンが勝手に切れる
・チャイムならされたと思って玄関を開けたら、四軒隣の部屋だった
・チャイムが聞こえ今度こそはと思ったけど、やっぱり隣の部屋だった
・チャイムを鳴らしたら住人全員が出てきた
・ティッシュを取る音が聞こえてくるのは当たり前、携帯のポチポチが聞こえることも
・爪切りの音も聞こえる
・納豆をかき混ぜる音も
・壁ドンしたら壁に穴が開いた
・というか、穴が開いたあとも開くまえと聞こえてくる音は変わらなかった
・壁に画鋲をさしたら隣の部屋から悲鳴が聞こえた
・隣二部屋を借り、「これで防音ばっちりだ」と思ったが、さらにその向こうの部屋の音が聞こえてきた
・右の隣の部屋の住人が屁をこいたら、左の部屋の住人が壁ドンしてきた
・すかしっ屁の音が聞こえる、というか臭いもする
・だけど家賃6万
・業績悪化でさらに壁が薄くなる
・将来的には壁がなくなる可能性も

レオパレス社の早急な対応が期待される。

 

【画像】

アメリ / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】