日本代表・長友佑都「サッカーを知らない」発言にファン激怒

長友佑都

(C)まいじつ

サッカー日本代表の長友佑都が6月1日、自身のツイッターを更新し、その内容が批判の的になっている。

前日の5月31日、ワールドカップロシア大会(W杯)に挑む日本代表の23選手が発表され、平均年齢は過去最高の28.17歳になっていることがニュースで取り上げられていた。経験を重視することに偏重しすぎた選手選考には、一部のファンやメディアから批判的な意見が出ていたため、この投稿は火に油を注ぐものになった。

 

長友に不満が殺到

この長友の投稿に対して、サッカーファンからは返信で怒りの投稿が寄せられた。

《サッカーを知らない人が口出しするなってことですか? サッカーを知らない人に支えられてるのが代表だと思うのに、その人達を突き放すような発言はとても残念ですし、不快です。》
《年齢で判断してるわけでないでしょ。走れない蹴れないやつを代表にいれて走れる蹴れる選手が落選したのにあきれているんだよ。ハリルホジッチはいい監督だったね。偉そうにツイートするのだからあのメンバーで勝てるんだろうね。》
《全くその通りだと思います。でも、何も期待してない人だったり、ただあーだ、こーだ言いたいだけならここまで炎上してないと思います。それだけのサポーターやファン達が期待してたってことの裏返しでしょうよ。それがここ代表数試合で何の結果も伴ってない選手達が選ばれて、》
《なら言わせてもらうけど監督と合わないからと教会に直訴したり、メール送るのはスポーツマンのやる事か?監督と合わないなら代表を辞退すれば済む話じゃないか?監督とは合いません。でもWカップには出たいですじゃムシが良すぎるだろ?》

その後、長友はツイッターを更新しているが、炎上した投稿については一切話題にしていない。

W杯での日本の初戦は6月19日のコロンビア戦だ。長友が言ったことに対する結果がもうすぐ明らかになる。

代表選出直後に長友が投稿した《やってやる。》の言葉通りの活躍を期待したい。

 

【あわせて読みたい】