有働由美子「NEWS ZERO」メインキャスター獲得の仕組み

フリーアナウンサー・有働由美子

(C)まいじつ

今年3月にNHKを退職し、フリーアナウンサーになった有働由美子が、10月からの日本テレビのニュース番組『NEWS ZERO』のメインキャスターを務めることが発表された。

有働は2日に日本テレビ系列で放送されたスペシャル番組『開局65年記念番組 日本テレビ+ルーヴル美術館「その顔が見たい!」』でリポーターを務め、民放テレビ局への初出演を果たしている。

今回のキャスター就任に際して有働は「ニュースキャスターとしては、まだまだ勉強の時間が必要かと思っておりましたが、いただいた貴重な機会、村尾さんたちが築き上げてこられた『NEWS ZERO』の信頼を守るべく、できる努力を全て尽くしていきます」と意気込みを語っている。

 

絶好のタイミングで起きたキャスター交代

2006年に始まったNEWS ZEROで12年間にわたってメインキャスターを務めてきた村尾信尚キャスターは、9月末をもって番組から降板するという。

「今回の有働のNEWS ZERO出演決定は、有働の所属芸能事務所の営業活動がとても上手だったことに尽きます。村尾氏が『深夜の番組に疲れてきた』という情報をキャッチし、日本テレビと地道に交渉を続けたそうです。一方で村尾氏は、日中に放送されているBSやCSの番組からのオファーがあるといいます。まさに新旧交代の絶好のタイミングだったのです」(同)

SNSでも今回の件について、関連した書き込みが広がっている。

《有働がやるなら深夜でも見たい》
《なんだか番組の雰囲気がガラリと変わりそう》
《彼女の色が出る番組になるといいですね》
《一緒に出演するパートナーも変わるのでしょうか》

人気のニュース番組のキャスターに就任した有働の手腕に期待している人は多そうだ。

 

【あわせて読みたい】