篠原涼子「納豆チャーハン」を「わたしが考案」で騒然

篠原涼子

(C)まいじつ

6月6日にフジテレビ系列で放送された『TOKIOカケル』に女優の篠原涼子が出演し、自身の好物をランキング形式で紹介していった。そのなかで、篠原が一番の好物として紹介した料理をめぐって視聴者のあいだで物議を醸す事態が起こった。

ゲストが好きな料理を発表していく番組恒例の『大好物ベスト10』で、とんこつラーメン、たらこイカスパゲティ、とんかつなど、比較的家庭的な料理を好きな料理として紹介した篠原は、1位に『納豆チャーハン』を挙げた。

TOKIOの4人が「聞いたことない」(長瀬智也)、「混ぜるんですか?」(松岡昌宏)と不思議そうな顔をするなか、篠原は「わたしが考案した奇跡のメニュー」と納豆チャーハンについて得意げに説明した。そして、スタジオで実際に調理を始め、タマネギ、ピーマン、ニンジン、チャーシューを炒めてから鶏ガラスープの素で味付けし、ご飯を投入したあとで納豆を入れて火を通した。

完成後に篠原は「味、薄かったかな?」と漏らしたが、食べたTOKIOの4人は「うまい!」と絶賛。納豆チャーハンにパクチーを加えてサンチュで巻き、味を変えるのもおすすめだとも付け加えていた。

 

納豆チャーハンは一般的

篠原は納豆チャーハンを自身の“オリジナルメニュー”だと紹介したが、それに疑問を抱いた人がおり、ツイッターでは関連した投稿が散見された。

《篠原涼子が納豆チャーハン食べるなんて…安心した》
《果てしない親近感を味わっている。私もだいすきなメニュー》

このように、篠原に親近感を覚えた声があった一方で、納豆チャーハンは前からある料理で篠原のオリジナルではないという投稿が多かった。

《自分が編み出したと言ってるけど納豆チャーハンてマイナーなの?》
《納豆チャーハンなんて昔からあるでしょーーーよ》
《家の近くに納豆チャーハン食べれるお店あるんだけど》
《篠原涼子だから特別扱いされとる?納豆チャーハンて、ありきたりなのにな》
《絶対うそだね!なんなら俺の得意料理だ》

納豆チャーハンは家庭で一般的に作られているものという認識の人は多く、視聴者は“篠原が考案した”という表現に違和感を抱いたようだ。

 

【あわせて読みたい】