未成年飲酒の加藤シゲアキ「生放送で謝罪」も反省の色なし?

『NEWS』の加藤シゲアキ

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

未成年への飲酒強要問題で所属するジャニーズ事務所から厳重注意処分を受けた『NEWS』の加藤シゲアキが、レギュラーを務めている番組『ビビット』(TBS系)の6月8日の生放送に出演し、一連の騒動について謝罪した。だが、その姿や番組構成をめぐり「本当に謝罪する気があるの?」と視聴者から批判を浴びる事態となっている。

ビビットは加藤のジャニーズ事務所の先輩である『TOKIO』の国分太一がメインMCをしている。元TOKIOメンバーの山口達也が起こした騒動のときは、国分が視聴者に向かって涙ながらに謝罪していた。このときと同じように加藤が現れて謝罪するだろうと予想していた視聴者は多かったようだが、番組の冒頭ではMLBの大谷翔平の話題を放送し、ファンをやきもきさせた。

 

他局はトップニュースなのに当事者出演のビビットは…

同時間帯に放送されていた『スッキリ』(日本テレビ系)では番組冒頭から『NEWS』の小山慶一郎と加藤の話題を取り上げていた。

加藤がビビットに登場したのは番組開始から15分ほどが経ったころ。加藤はスーツ姿でワイプ画面に映り、自身と小山について報じるVTRを神妙な顔で見つめていた。大谷の話題では明るく振る舞っていた国分だったが、加藤と小山の話題に移った直後からは真剣な表情になっていた。

VTRが終わると、加藤は「深く反省している。『ビビット』でコメントしてきたことを思うと情けない気持ち。自覚が足りなかった。申しわけございませんでした」と頭を下げた。国分は「説明してもらいたい」と加藤の隣に立ち、向かい合って事実関係を確認していった。

視聴者は小山と加藤の起こした一件がトップニュースでなかったこと、加藤の出演が番組冒頭からなかったことにツイッターで苦言を呈していた。

《メジャー大谷の話題を約20分。順番逆じゃないの?》
《最初は大谷選手のこと流して視聴率稼ごうとしてんのかな》
《ビビット早くして》
《スッキリでは冒頭からやってるのに》
《こんなドキドキしながらビビット見るの嫌だ》

また、短期間で二度同じ芸能事務所に所属するタレントの不祥事を報道することになった国分は、「自分もこういうことを言える立場ではないですけれども…」と述べていた。この言葉に対してファンからは国分のことを心配する投稿も多かった。

《シゲ、というより太一を見るのが辛い》
《国分太一さんは気の毒》
《太一さんも加藤さんにこんな話聞きたくないよね》
《二度と報道番組に関わって欲しくない。太一くんに迷惑かけるなよ》

そして、謝罪のための出演という場で国分を「太一君」、加藤を「シゲ」と呼び合ったことに対して《この場で『太一くん』はないだろ》、《シゲ!とか太一くん!呼びはどうかと思う》と批判があった。

騒動の収束させるための加藤の出演だったが、違う批判が出てくる事態となってしまった。

 

【あわせて読みたい】