引退を望む堀北真希が…芸能活動継続を希望する所属事務所にのませた「ある条件」

ただ、『ヒガンバナ』以降は、堀北に目立った仕事の予定がないことは事実。堀北がこのまま仕事を入れなければ、事実上の引退となりかねない状況だ。

そこへ、本サイト『まいじつ』の取材班は、事務所側と堀北が“ある条件”でいったん話し合いがついたとの情報をキャッチした。

「堀北は、弁護士を通じて、事務所が引退に合意しない代わりに、出産のための長期休養という条件を突きつけたようです。これ以上は追い詰めることができない事務所側としても、仕方なく了承したそうです。ただし、年内に妊娠できなかった場合は、とりあえず芸能活動を再開する…という条件も付いているようです」(芸能プロ幹部)

今後に注目だ。