キムタクの娘・Kokiも? 消えていった最新「大物二世タレント」たち

(C)igorstevanovic / Shutterstock

(C)Shutterstock

女性ファッション誌『ELLE JAPON』の表紙を飾り、モデルデビューしたKoki。父親が木村拓哉、母親が工藤静香という大物二世タレントであることから大きな話題となった。

「15歳で身長170センチメートルだというKokiは、顔が父親似でスレンダーなスタイルは母親似。日英仏の3カ国語が話せて、現在、スペイン語も勉強中といいます。音楽の才能もあり、母親や中島美嘉に曲を提供。インスタグラムのフォロワー数は7日で約60万を超え、衝撃的なデビューをしています」(芸能ライター)

Kokiは母親と同じ芸能事務所に所属しており、今回のセンセーショナルなデビューは工藤が主導したと推測されている。だが、このデビューの勢いが今後も続くかといえば、それは未知な部分が多い。

前出の芸能ライターは「鳴り物入りでデビューした二世タレントは成功しない例も多いんです」と話す。

 

消えていった「大物二世」たち

「今回のKokiとよく似ているのが、昨年のデビュー時にかなりの話題となったエレナ・アレジ・後藤です。フランス人の元F1ドライバーだったジャン・アレジと、事実婚した女優の後藤久美子の長女です。ファッション誌『Richesse(リシェス)』で母娘共演し、日本で芸能活動をすると言っていましたが、その後はさっぱり姿を見なくなってしまいました。また、2013年に当時14歳でCDデビューした河合奈保子の娘のKahoも“第二の宇多田ヒカル”として鳴り物入りでデビューしましたが、すでに消えています。松田聖子の娘の神田沙也加は2001年に10億円をかけてアイドル歌手としてデビューしたものの振るわず、ミュージカル女優として努力を重ね、2014年の映画『アナと雪の女王』でようやくいまの地位を得ました」(同・ライター)

女優の杏、歌手の宇多田ヒカルなど、デビュー当初は親の存在を隠して人気になったという対照的なケースもあるだけに、Kokiの今後が注目される。

 

【画像】

(C)igorstevanovic / Shutterstock

【あわせて読みたい】