乃木坂46と欅坂46が異例の「ストーカー注意喚起」

6月10日にアイドルグループ『乃木坂46』と『欅坂46』の各運営委員会が、一部ファンによるストーカー行為が確認されたとして注意喚起をするとともに、出入り禁止処分を科すと公式サイトで警告した。

両グループのサイトでは『【お知らせ】ファンの皆さまへのお願い』というトピックが公開され、次のように記載されている。

《最近、メンバーに対しまして、一部のファンの方による車両・徒歩等による追走や居住エリアでのストーカー行為など、メンバーのプライバシーを著しく侵害する行為が確認されております。
このような行為を実行する方はごく一部に限られており、大多数のファンの皆さまからは節度ある応援を頂いておりますが、これら一部の方の目に余る行為により、警戒を強化せざるを得ない事態となっております。
メンバーに対する車両・徒歩等による追走、メンバーの居住エリアでのストーカー行為等の迷惑行為はただちに警察に通報いたしますとともに、全ての活動において出入禁止処分とさせていただきます。
くれぐれもおやめいただけますよう、お願い申し上げます。
また、メンバー本人に対して直接手紙・プレゼント等を手渡しする行為も禁止とさせていただきます。
ご理解、ご協力いただけますようお願いいたします。》

「最近は、メールでメンバーの携帯に《今、○○にいるでしょう》などと、ナビゲーションシステムで追跡したり、《おはよう。あいさつを返してね》などと送りつける“つきまといメール”が届いていると、数人のメンバーからの訴えで明らかになっているようです。これについては、警察に相談しつつ、すべてのメールのログを解析して犯人をあぶりだすべく捜査を展開する予定のようです」(芸能記者)

 

イベントの帰り道を追跡される

SNSではこの発表に関してファンたちからの反響が広がっている。

《おまいらストーカーのせいでまたセキュリティーがきつくなる》
《アイドルが自分のものになるという幻想はやめろ!》
《ステージを見るだけで満足しろよゲス野郎!》
《メンバーの安全を確保するのが大切》

「イベントなどでは、どんなに帰り方を変えても、スマホなどで追跡されてはすぐに居所がバレてしまう。アイドル側もダミーのスマホを持ち歩くなどして警戒しないと、ストーカーを防げないかもしれません。嫌な時代になったものです」(アイドル雑誌ライター)

ストーカー行為がエスカレートし、相手にされないと分かった途端に激高して襲い掛かるなど、最悪のことも想定すべきだろう。

 

【あわせて読みたい】