未成年飲酒問題・加藤シゲアキ「依怙贔屓」はドラマ主演のため?

加藤シゲアキ

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

アイドルグループ『NEWS』の加藤シゲアキが7月15日から始まる連続ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)で主演を務める。6月12日に情報解禁となり、インターネットメディアや当日放送の情報番組『ZIP!』(同)では主要な出演者が発表された。人気の若手俳優が出演予定で、ファンからは期待の声が寄せられたが、一般視聴者は所属芸能事務所から厳重注意処分を受けたばかりの加藤がドラマで主演することに批判が集まっている。

このドラマは、賞金をめぐって出場者によって命をかけたゲームが繰り広げられるというストーリー。間宮祥太朗や小関裕太ら、20代前半から中盤の若手俳優が出場者役として出演し、ゲームの進行役は小池栄子が務める。

ZIPでは加藤、間宮、小関、小池ら7名の出演者がVTRに登場。加藤の合図で“ZIPポーズ”をし、小池と間宮が代表してコメントした。小池は「みなさまがゲームに参加して右往左往している様子を高みから笑って見ている」と自身の役どころを紹介。間宮は「小池さんたちの手のひらの上で命を懸けて転がされます」とPR。加藤や小池らは笑顔でうなずいていた。

 

厳重注意直後の番組宣伝に違和感

加藤は未成年女性への飲酒強要問題で所属するジャニーズ事務所から厳重注意処分を受けたばかりだ。同様の問題で芸能活動自粛を課せられた小山慶一郎とは大きく異なり、加藤の活動は制限されなかった。しかし、8日に放送された『ビビット』(TBS系)の生放送で謝罪をしてから数日しか経っていないこの時期にドラマの宣伝をしたことが、視聴者から批判の対象になった。

ツイッターではタイミングの悪さを指摘する投稿が散見される。

《このタイミングで主演ドラマかよ》
《ドラマ降板しないんだ》
《処分が軽いと思ったら、日テレのドラマがあるからか!》
《今回なんで加藤シゲアキやねん。演技下手すぎ、印象薄い、のに心理戦ドラマ絶対無理やん》
《日テレもジャニーズ事務所と同じで正常な判断ができないんだね》

また、何事もなかったかのように番組宣伝を放送したテレビ局への批判も投稿されている。

このままだと、加藤の起こした不祥事はドラマの視聴率に影響しそうだ。

 

【あわせて読みたい】