クレヨンしんちゃん「声優交代」ほかに長く声を担当している声優は?

(C)よっしー / PIXTA(ピクスタ)

声優の矢島晶子がテレビ朝日系列で放送中のアニメ『クレヨンしんちゃん』の主人公の野原しんのすけ役を降板することが先日、発表された。矢島は1992年4月13日の番組放送開始から26年3カ月にわたって野原しんのすけを担当していた。

矢島はテレビ朝日を通じてコメントを発表し、降板理由を「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなったためです。キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現ができにくくなってしまったためです」と説明。今月29日放送が最後の出演回となる。そして、6月14日には7月から小林由美子が新たにしんのすけの声を担当すると発表された。

「降板の本当の理由は矢島の体調不良ではないかと心配する向きもありましたが、テレ朝は病気などではないとしています。矢島さんの本来の声は少しハスキーな高音なので、しんのすけの低い声を出すために、かなりのどに負担をかけていたのはないでしょうか」(テレビ誌記者)

今回の矢島のように、長く続いたアニメの主人公を、同じ声優が長期間にわたって担当するということも増えてきた。矢島より長い例も存在する。

 

安易には交代できない声優の高齢化問題

「『サザエさん』の加藤みどりさんが48年間、『それいけ!アンパンマン』の戸田恵子さんは29年間、『ちびまる子ちゃん』のTARAKOさん、『ドラえもん』大山のぶ代さんが今回の矢島さんと同じく26年です」(同・記者)

長寿アニメには声優の高齢化問題がつきまとうものだが、例えば『ドラえもん』(テレビ朝日系)の場合、2005年に声優を一新しており、ドラえもん役の水田わさびは43歳と、大山の84歳と比べるとかなり若返っている。

「声優の変更は、高齢化問題に対しては有効な手段ですが、これまでの声に慣れ親しんだ視聴者が違和感を持つのも事実。簡単に変更はできません」(同・記者)

今後も長寿アニメの声優交代問題は出てきそうだ。

 

【画像】

よっしー / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】