息子・裕太の事件に「恨み言」高畑淳子に厳しい声

高畑淳子

(C)まいじつ

俳優の高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕されてからすでに1年9カ月が経ったが、このことにいまだに納得していない人物がいるという。高畑の母である女優の高畑淳子だ。

事件の当事者である裕太は所属していた芸能事務所からマネジメント契約を打ち切られ、それ以降は芸能活動を“無期限休止中”という状況にある。昨年9月には週刊誌上で遺品整理のアルバイトをしていると報じられ、その後も別の週刊誌に「あれは自業自得じゃないですか。正直、そりゃ言いたいこともいろいろあるけど、これからどうするかが自分の課題だと思ってます」という裕太本人のコメントが掲載された。

一方で母の淳子は、4月18日にフジテレビ系列で放送された『梅沢富美男のズバッと聞きます!』にゲスト出演し、遺品整理やバーでのアルバイトをしている息子に対して、「わたしはただ見てるだけ」と胸中を明かしていた。梅沢が「(芸能界へ)復帰させましょう」と語りかけると、高畑は思わず号泣。ほかにも「わたしは世の中全部恨んでいるところもある」といった発言もしていた。

 

収録現場で淳子が息子について…

さらに、この番組出演の舞台裏のことが『週刊新潮』のウェブ版『デイリー新潮』で報じられている。その記事では淳子が収録現場で「裕太はハメられた」とか、「無実だ」と発言していたという。

そんな淳子に対してインターネット上では冷めた意見が蔓延している。

《真相はどうかわからんけど、だまっとくに越したことなさそう。》
《ただただキモい》
《最近ドラマでやっぱり凄い女優さん!と改めて思ったのに、またイメージ悪くなる。》
《悪くないって思いたいだろそりゃ ただ言わないでおこう》
《親子共々顔を見たくない!そのテレビたまたま見てたけど 梅沢の息子復帰促す発言も不愉快だったよ》
《高畑さんも余計な事言ったなと思うけど、番組でわざわざ息子について触れる意味もわからん》

このように、母の思いとは真逆の意見が目立った。

淳子が息子について何か発言するたびに、裕太の復帰はどんどん遅れていきそうな気配だ。

 

【あわせて読みたい】