乙武洋匡氏「必死のイメージ回復」で見据える参院選出馬

日の出

(C)Vishal shinde / Shutterstock

作家の乙武洋匡氏が6月16日放送のバラエティー番組『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)に出演し、未成年女性との飲酒問題で活動自粛となったアイドルグループ『NEWS』の小山慶一郎と、厳重注意を受けた加藤シゲアキについて言及した。

乙武氏は「年齢に見合った飲み方といったらどうかな? だけど、場を盛り上げるためのものだから」と、小山たちの飲み会の様子について私見を述べ、また年齢確認が不十分だったことについても「最近の風潮としたら、(女性の年齢をしつこく聞くことは)セクハラと言われかねない」と語った。

この番組のことはネットニュースでも報じられ、乙武氏は不倫騒動や離婚を経ても、女性の話題に事欠かないことが図らずも証明されてしまっている。

 

来年の参議院選挙に出馬要請が?

しかしながら、SNS上ではいまだに乙武氏がメディアに出演するたび、不倫騒動について言及されるのは珍しいことではない。

《不倫の反省がまったくないのはいかがなものか》
《そうやって何人も女を作っているのか》
《自分の自慢をしているだけでNEWSの事件の総括になっていません》

だが、乙武氏を起用したい、出演させたいという関係者は増えてきているようだ。

「乙武は不倫騒動で妻と離婚して、マイナスイメージを払しょくするのに苦労していましたが、最近になって徐々に盛り返しています」(芸能関係者)

「乙武はここのところ、人あたりがよくてスタッフからも評判がよく、『番組に呼びたい』というテレビプロデューサーも増えています」(別の芸能関係者)

こういった証言と絡めたくなるのが、乙武氏が来年の参議院選挙に出馬するという情報だ。

「東京か神奈川の選挙区から出ないかと自民党に再び打診されているという情報もあります」(同・関係者)

乙武氏は2016年に週刊誌上で自民党から出馬の打診があったことを報じられている。現在、イメージの回復に努めている視線の先に、参院選出馬があるのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】