鈴木奈々の「開脚リアクション芸」に視聴者は「わざとだろう!」

鈴木奈々

(C)まいじつ

6月18日に日本テレビ系列で放送された『しゃべくり007』に鈴木奈々が出演。ゲストのお笑いトリオ『森三中』と体を張って対決する企画が放送された。このときに鈴木奈々は「うるさい」「絶対わざとだ」と批判を浴びる事態となった。

『下克上で森三中を引きずり下ろせ』と銘打たれたこの企画では、森三中を倒せるという特技をもつ刺客出演者が続々と登場。女性お笑いコンビ『どんぐりパワーズ』が相撲で対決したが、SNSではいまいち盛り上がらず。一方で、最近『ゴッドタン』(テレビ東京系)で“NGなし”と体を張っている元『アイドリング!!!』の朝日奈央は『ゲテモノグルメ対決』で出されたタガメをすんなりと食べて、視聴者を驚かせた。

朝日が名を上げた一方で、批判を浴びたのが鈴木だ。鈴木は足つぼマットの上で大島美幸と縄跳びの回数を競った。鈴木はマットに着地するなり大声で「痛い」と叫び、そのまま開脚しながら後ろに転がり、両足を数十秒にわたりばたつかせた。鈴木の痛がり様に対して大島は“リアクション芸“を見せることができず、座り込んで号泣したふりをするだけにとどまった。

 

「鈴木奈々ヤラセやろ」

お笑い芸人の大島以上のリアクション芸を見せた鈴木には、ツイッターで多くの感想が集まった。

《鈴木奈々わざとらしすぎて面白い通り越してうるさすぎ》
《ほとんど事故映像だったよ。あいつまじ恐ろしい》
《しゃべくりの鈴木奈々ヤラセやろ》
《鈴木奈々のリアクション、出川哲朗のよりもわざとらしい…》
《カメラの前で、股全開はやめてくれ》
《モデルだったひとがあんなに股広げてフリーズしちゃダメだよ》

このように、芸人顔負け行動に出た鈴木に対する批判は多く、メインゲストの大島にリアクション芸をさせる余地すら与えなかったことが視聴者から反感を買ったようだ。

一方で、タガメをすんなり食べた朝日には《女を捨てましたね》《さすが!》と賞賛の投稿が集まっていた。

 

【あわせて読みたい】