中居正広「イメージダウンを狙う」奇妙な噂の発信源

中居正広

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

中居正広の不思議なコメントがインターネット上で茶化されている。

「中居が『スーパーの半額のお寿司、いいちこ、巨人戦。これが最高』、『他人と飲むと、この時間を取られるから基本的にひとりで飲みたい』と発言したとされるものが、野球ファンのあいだで広まりましたが、どこで発言したのかが明記されていません。誰かの創作でしょう」(ジャニーズライター)

この中居の発言とされるものは、“誰かが意図的に広めた”可能性があるという。

 

中居のイメージダウンを狙っているのは…

「いかにも『中居はケチ』『焼酎の宣伝している』とおとしめているものであるため、誰かが流した可能性もある。5月から6月初めにかけて、中居にはしきりにジャニーズからの独立説が出ていました。中居のイメージをさらに悪くして、追い出そうとしたことも考えられます」(同・ライター)

いま中居はジャニーズ事務所内で孤立化していると噂されている。特に過去にテレビ番組でトラブルのあった滝沢秀明から相当に嫌われているという話だ。

「最近の中居の独立説は、ジャニーズ内の“滝沢派”が流しているというのが定説になっています。いくら何でも中居が半額寿司は買わないでしょう」(芸能プロダクション関係者)

しかし、中居が倹約家であることは有名だ。

「高級料理店で食事するのは好まず、キャバクラなどで金を使うのも無駄だというのが信条。家ではテレビで巨人戦を見ながら、持ち帰ったロケ弁をつまみにして昔でいう二級酒の燗を飲むのが楽しみだといいます」(前出・ライター)

いかにも中居なら言いそうな言葉を使って広めることには成功したようだが、インターネット上での評判を見ると、好意的に捉えた人のほうが多そうだ。

 

【あわせて読みたい】