石川遼の不調続き「腰痛の後遺症」よりも別の原因?

プロゴルファーの石川遼

(C)まいじつ

6月10日にフジテレビ系列で放送された『ジャンクSPORTS』の3時間スペシャルで、プロゴルファーの石川遼が週刊誌に掲載されたアン・シネの袋とじを「興味があって買おうか迷った」と告白した。片山晋呉がプロアマ戦で招待客に“非礼行為”を働いて問題になった直後だったことから、選手会長の石川のユーモア発言は好感を呼んだが、一方では“重苦しい発言”もしていた。

「石川は6月1日の2戦連続で予選落ちが決まった『日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ』の2日目に、腰痛の後遺症が抜けていないことを吐露していました」(専門誌記者)

その後のツアーでも石川は精彩を欠いたままだ。石川が腰痛で休養したのは2012年のこと。その後にフォームを変え「パワーではなく、技術で飛距離を」と語り、それからしばらく腰痛のことは口にしていなかった。

「石川はドライバーが安定しません。フェアウエーにボールが残らず、ミスショットが多くなり、成績が安定しなっています。一部メディアの前でミスショットについて、身振り素振りを加え、いろいろと説明していました。両腕がもっと体の下を通ってボールを打ちにいくはずが、本人の言葉を借りると、『両手が自分の目の前を通っている』とのことです」(同・記者)

 

腰痛は直接の原因ではない?

原因について聞くと、「何なんですかね?」と逆に聞き返し、2012年に痛めた腰痛のことを話し出していた。

「腰痛を患っていた2012年は、痛みを堪えるため変則的なスイングをしていました。瞬間的にその当時のことを思い出し、そのことがミスを誘発しているのかもしれないと話していました」(関係者)

いまのスイングをしている途中、昔のことを思い出してミスをするという話のようだ。つまり腰痛は直接関係ない。

「典型的なイップス(精神的な原因などで思い通りの動作ができなくなる症状)かもしれませんが、本人はそれを否定しています」(同・関係者)

腰が痛いのは、実はアン・シネの袋とじを見てしまったから?

 

【あわせて読みたい】