玉木宏と木南晴夏の「結婚」が直前までバレなかった理由

玉木宏

(C)まいじつ

俳優の玉木宏が、大安の6月26日に結婚すると報じられた。相手は連続ドラマ『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京系)シリーズのムラサキ役などで知られる女優の木南晴夏。7~8年前に共通の知人を介して知り合い、約2年前に交際へと発展したという。

「玉木はこれまで、深田恭子、加藤ローサ、上野樹里、黒木メイサ、島谷ひとみ、吉高由里子など、そうそうたる女性芸能人たちと噂になってきました。しかもそのうち何人かとは交際の事実を認めるほどの“プレイボーイ”だったわけです。当然、週刊誌やスポーツ紙は“次”を押さえようと狙っていたわけですが…、見事に隠し通されました」(芸能ライター)

インターネット上でも驚いたという投稿がやまないが、《ずっと独身だと思ってたのに!》など、結婚そのものよりも、まったく交際の報道がされなかったことを驚いたという反応が目立った。

《ウワサの「ウ」の字もなかったのに!》
《今まで写真撮られてないよね?すごい!》
《マスコミ、もう少し仕事しなよw》

「結婚直前まで見逃してしまったのは、まず相手が意外だったということがあります。玉木の女性の好みは、いままでに噂になった相手の傾向から“華やか系”だと認識されていたのです。言い訳ではありませんが、見た目よりも実力や個性を買われる助演の役どころが多い木南は、たとえ一緒にいる現場を押さえたとしても、役者仲間や友達だとスルーされたか、あるいはネタとして弱いと判断されたのだと思います」(同・ライター)

 

批判の声がほとんどない結婚報道

もうひとつ驚きなのは、大物イケメン俳優の結婚報道の際には付き物の“一般女性から相手女性への罵倒”が、今回は極めて少ないことだ。

《木南ちゃんなのがいいわ、なんか嬉しいw》
《素直に喜べるカップル!》
《意外な2人だけど、いい感じがする》

「木南は嫌味のない人柄とルックスで、もともと女性人気が高いのです。本来なら“たたく”はずの玉木ファンも、彼がこれまでとは違って女性の内面を重視したことを喜んでいるのでしょう。結婚する両者が株を上げた、極めて稀なケースと言えるのでは」(同・ライター)

盛り上がりを見せるサッカーW杯ではないが、ノーマークからゴールを決めた玉木。結婚当日は、当人たちはもとより、ファンももうひと盛り上がりしそうだ。

 

【あわせて読みたい】