観光地となった元TOKIO・山口達也の「大豪邸」

山口達也

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

未成年女性への飲酒強要と強制わいせつ騒動でジャニーズ事務所を辞めた山口達也が、東京都内の高級住宅街にある自宅を売りに出していると報じられた。敷地100坪ほどの土地に鉄筋コンクリート地下1階、地上2階の大豪邸で、床面積は300平方メートルを超えるという。

「この豪邸が山口の邸宅だと知った人たちが、スマホやデジカメで記念写真を撮る風景が目立つようになりました。山口の家は“観光スポット”と化してしまったのです」(芸能関係者)

見た目にも豪華なこの家は、大きなルーフバルコニーが特徴だという。

「複数の車が駐車できるガレージがあり、6つの部屋とサービスルームもあるようですから、大ファミリー向けの物件です。2016年の2月に竣工したのですが、完成して間もなく夫婦仲に亀裂が入り、半年後の8月に離婚。山口はこの豪邸を出てマンションでひとり暮らしを始めたのです」(同・記者)

山口の元妻とふたりの息子は昨年、日本を離れハワイへ行ってしまった。この豪邸に人が住んだのは、ほんのわずかな期間ということになる。

 

売却価格は5億円だというが…

「邸宅の売却価格は5億円と聞いています。確かに元芸能人の家といえばプレミアが付くのは間違いありませんが、あまりに強気な値段です。ローンを組んでまだ2年ですし、設定するとしても3億8000万円で見積もりするのが相場でしょう」(同・記者)

ただし、観光化しているくらいだから一般の人の関心は高い。“元山口達也の家に住んでいる”とはちょっとした自慢になるという考え方もないではない。どうしても5億円で売りたいのなら、そうした好奇心を持つ客を期待するしかないだろう。

「山口は、結婚当時に住んでいた鎌倉の稲村ヶ崎の豪邸のほかに、東京都港区のマンションも売却して安いマンションに引っ越ししたそうです。何しろ莫大な損害賠償金を支払う必要がある。今は入院費もかかっていますから、この費用の捻出も大変なはずです」(テレビ局関係者)

現在の山口は、事件発覚直後に入院した病院から転院し、実家近くの病院で治療を受けているようだ。山口にはアルコール依存症を疑う声も上がったが、5年以上にわたって『躁鬱病』を患っていたと女性週刊誌に報じられた。現在はその治療が進められているという。

離婚した妻と現在10歳と8歳になる2人の息子への養育費の支払いもある。山口の地獄はまだまだ続きそうだ。

 

【あわせて読みたい】