稲垣、香取、草彅の3人が「紅白内定」第1号か

元SMAPの草薙剛、稲垣吾郎、香取慎吾による『新しい地図』

(C)まいじつ

大みそか恒例の『NHK紅白歌合戦』の出演者に稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛の『新しい地図』の3人が内定したという話が浮上している。

「NHKは稲垣たちがジャニーズを退社したあとも出演番組を終了させたり方針を変えるようなことはしませんでした。特に草彅剛に関しては出演舞台『バリーターク』のインタビューをニュース番組で特集するなど相当に肩入れしている。3人を紅白の目玉として出場させることに賛同している人間も多いようです」(ジャニーズライター)

NHK関係者の周辺でも「稲垣たちが紅白に出るのでは」と漏れ伝わっており、かなり現実味を帯びた話になっているという。

この3人を出演させると、ジャニーズ事務所からの“圧力”が問題になりそうだが、少なくとも今年に限ってはその心配は限りなく小さいようだ。

「ジャニーズは元『TOKIO』の山口達也のわいせつ事件、『NEWS』小山慶一郎と加藤シゲアキの未成年女性への飲酒強要疑惑、手越祐也の未成年飲酒疑惑など不祥事が一気に発覚しました。ジャニーズは紅白で毎年5枠前後もっていくのですが、今年は『嵐』以外は必要ないという意見もある。実際にほかのグループでは視聴率も高くならないし、ゴリ押しはできないでしょう。一方で稲垣たちが出れば話題性は抜群です」(NHK関係者)

 

紅白出場を期待しているのはファンだけじゃない?

現在、稲垣たちに正式なグループ名は付いていない。『新しい地図』はファンサイトの名前であってグループ名ではないためだ。

「もし紅白でグループ名を名乗れば、正式なお披露目になる。間違いなく大きな話題にはずです。3人が出れば確実に視聴率も上がるし、NHKだってそんな絶好のチャンスを逃したくないはずです」(同・関係者)

しかも、彼らを後押しする土壌がすでに出来上がっているというのだ。

「民放テレビ局もジャニーズにペコペコ頭を下げているいまの状況を変えたい。それを先頭に立って変えてくれそうなのがNHKなので、常に動向は注目されています。NHKがジャニーズのことを意に介さずに稲垣たちを紅白へ出場させれば、“反ジャニーズ”の大きな転機になるかもしれないと期待しています」(同・関係者)

見たい視聴者も多いのではないだろうか。

 

【あわせて読みたい】