元日本代表・柳沢敦が鹿島アントラーズコーチを辞任した本当の理由

モデルの小畑由香里が6月20日にインスタグラムとブログを更新した。小畑の夫はサッカーJ1の鹿島アントラーズ元コーチの柳沢敦で、不倫報道後に初めて更新された。

18日に大阪府で起こった最大深度6弱の地震について記したあと、たくさんのコメントやメッセージについて感謝の思いや騒動に対する謝罪の気持ちを綴った。

この投稿のコメント欄には多くの励ましの投稿が届いている。

《ゆかりさんの更新待ってました。これからも、楽しみにしてます》
《人生、エエ時もあれば悪い時もある。前向き、上向きで顔晴って行きましょう~》
《いろいろ大変でしたね…そんな時でも前向きに頑張ろうとしているゆかりさんに勇気づけられますこれからも応援していますあまりご無理なさらずに、身体大事にしてくださいね》

小畑の夫の柳沢はファンの女性と不倫関係になり、チーム本拠地の茨城県を離れ、定期的に東京都内で密会していたという。4月7日の湘南ベルマーレ戦の前日、登録選手や関係者が宿泊する神奈川県内のホテルで一夜を過ごしたことを女性週刊誌によって報じられていた。

 

不倫よりも重大だった「規律違反」

柳沢氏は女性週刊誌の取材に対して「え〜、たまたまちょっと彼女がファンで知り合って、まぁちょっとご飯食べて」と密会していたことを認め、その後に鹿島のコーチを辞任している。

辞任した理由は“規律違反”で、不倫ではなく試合前日にチームに無断で部外者と会っていたことが最も問題視された。Jリーグは、toto(サッカーくじ)に関する八百長行為を防止するため、基本的に各チームの選手には前日移動で試合会場付近に宿泊をさせて、外部との連絡を制限している。この事は元日本代表選手の前園真聖も6月10日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で明かしていた。

柳沢が当該女性とどんなサッカーの話をしていたのかは分かっていないが、指導する立場になってもチームを危険にさらすリスクを犯していたとなると大問題なのは間違いない。妻の小畑も呆れかえっていることだろう。

【あわせて読みたい】