ベッキーの「新しい恋」で仕事も復調に向かう!?

ベッキー

(C)まいじつ

“ゲス不倫”で地上波テレビから干され続けているベッキーの新しい恋が報じられた。相手は元プロ野球選手で、現在は読売ジャイアンツで二軍内野守備走塁コーチをしている片岡治大だという。二人の接点はどこにあったのか。

「知人の紹介で知り合ったようです。ベッキーの悩み事を片岡が聞いてあげるというような関係で、片岡の包容力がある優しさにベッキーがほだされた構図です」(芸能関係者)

ベッキーは2016年1月に音楽バンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不倫が報じられ、大騒動となった結果、芸能活動を自粛。同年5月に仕事を再開したものの、地上波テレビの仕事からは遠のいたままだ。

一方の片岡は、2004年にドラフト3巡目で埼玉西武ライオンズに入団し、俊足巧打の内野手として活躍した元選手だ。2006年にレギュラーに定着すると、2007年から4年連続で盗塁王に輝き、2008年にはリーグ最多安打を記録。2013年オフにフリーエージェントで巨人へ移籍したが、けがで思うような活躍ができず、昨シーズン限りで現役を引退している。今季からは巨人の二軍内野守備走塁コーチに就任している。

 

恋愛成就と同時に仕事も復調?

ベッキーはBSチャンネルのドラマなどには出演し始めているものの、まだまだ地上波では視聴者の抵抗が強く、ゲスト出演したバラエティー番組などにはすぐにクレームが入る。テレビ局も出演オファーに慎重になっている状況だ。

「ベッキーがきちんとした恋をして、ちゃんと結婚すれば、地上波にも堂々と出られるようになるでしょう。そういう風に見ている関係者は多いです。ですから、ベッキーの周辺は祈るような気持ちで今回の恋愛の行方を見守っています」(同・関係者)

今回のニュースが広まると、SNSでも関連投稿が多くあった。

《ベッキー今度こそ幸せになってくれ》
《片岡はめちゃくちゃモテるからヤバいかも!?》
《恋をして明るくなったベッキーをまた番組で見たい》
《真剣交際ならきちんと結婚してファンに報告して》

おおむね好意的な意見は多い。

片岡氏のマネジメントを担当する吉本興業は、「報告を受けております。温かく見守ってください」と交際について認めている。片岡の周囲からは「付き合い始めたばかりで、結婚の話はまだ出ていない」という話も聞こえてくる。

「片岡は現役時代から相当にモテました。ベッキーのほかに女がいないと信じるのみですが、もしもベッキーに一途だとしたら、ベッキーは惚れたら命がけになる体質なので、うまく成就するでしょう」(同・関係者)

傷ついた人気者のベッキー、恋愛も仕事も復活できるかどうかに注目だ。

 

【あわせて読みたい】