カンニング竹山「デブとハゲ」を番組で批判され「これで生き残ってる!」と反論

カンニング竹山

(C)まいじつ

6月26日に日本テレビ系列で放送された『踊る!さんま御殿!!』にカンニング竹山が出演し、20代前半の男性モデルから薄毛で小太りの体型を批判され、思わず竹山が声を荒らげる一幕があった。

明石家さんまから「足が細い」と指摘された24歳のモデルのとまんは、体重が41キログラムしかないことを明かし、周囲を驚かせた。「これでも太ったほう」としながら「歳をとってからも清潔感やスタイルを気にしたい。太ってる方とか髪の毛が薄い方は意味が分からない」と口に。その後、アップで映し出された竹山は苦々しい表情を浮かべた。

とまんは40年間体型が変わっていないというさんまに「スタイルも良くてかっこいい」と称賛しつつ、竹山には「竹山さんを見ると、メリットがないのになんでそれ(薄毛で小太り)でいるんだろうって…(思う)」と批判。すると竹山は「バカ! このなりだからゼニ稼げるんだよ!」と一喝した。

その後も竹山は「いや、本当ですもん」と話しながら体を張って芸能界で生き残っているとこぼしていた。とまんは発言の意図について「(太るのは)何かしらを怠っていたからそうなる。僕は常に努力をしていたい」としつつ、「太ると体を壊したりもするし…メリットがない」と再び竹山の方を見やった。これに対して竹山は「メリットがないように見えるが、太っていると驚くほどゼニが入ってくる」と発言。その場を明るく収めたが、さんまは「若い人はメリット、メリットと言って…」と、損得感情を気にする若者に驚いた様子だった。

 

放送後にツイッターで謝罪したが…

とまんは番組終了直後にツイッターで竹山に対して謝罪の投稿をしている。

しかし、視聴者はとまんの発言に不快感を覚えた人が多かったようだ。

《とても失礼な発言ばかりしてましたね》
《大変失礼しました?お前テレビ出る価値ないよ。テレビで発言したら残るんだよ》
《存在が不愉快。見て損した》
《ハゲでデブにメリットないとか発言してること自体デメリットだろーが》
《太ってたり禿げてる人全てが怠惰が原因じゃない。ストレスや病気でどうしょうもない人もいるんだ》

このように、とまんのツイートには批判のリプライが次々と投稿され、炎上騒ぎになっている。

わざわざテレビ番組で容姿を批判するのはデメリットしかなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】