小山慶一郎「早すぎる復帰」をせざるを得ない裏の思惑

小山慶一郎

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

未成年女性に飲酒を強要したとして活動自粛処分を受けていた『NEWS』の小山慶一郎が、6月27日から芸能活動を再開すると公式サイトで発表された。ただし、ニュースキャスターを務めていた日本テレビの『news every.』は引き続き出演を見合わせるという。

発表された小山のコメントは以下の通りだ。

《この度は、NEWSを愛してくださっている大切なファンの皆さん、そして日頃からたくさんのお力添えを頂戴している関係者の皆様に、多大なご迷惑をおかけしてしまい、また失望をさせてしまったことを深く反省しております。申し訳ございませんでした。
活動自粛期間の中で、自分と向き合い、一社会人としても至らない点ばかりだったこと、情けなく思い、猛省しております。
この活動再開の機会をいただくまでに、ファンの皆さんはもちろんのこと、多くの方から叱咤激励を頂きました。今後、厳しい目で見られることも、しっかりと受け止め、覚悟を決めて、この道を進むことをお許しください。
本当に申し訳ございませんでした。》

不祥事の批判が収まり切ったとはいえない状況下で、小山が事態の鎮静を待たずに復帰するのには理由がある。

 

15周年ライブの前に既成事実化したい

「NEWSは8月11日と12日に東京都調布市にある味の素スタジアムで結成15周年記念ライブを行う予定です。もしも小山が出ない場合、踊りも曲も構成をし直さなくてはならず、より一層の手間がかかる。それ以外にも対応に迫られることは多いでしょう。なので、何とかその前に復帰させておきたいのです」(芸能関係者)

SNSでは復帰の早さについて指摘する投稿が広がっている。

《復帰が早過ぎる。本当に反省してるのか》
《坊主にするべきだろ》
《表面的な反省の言葉ばかり並べているが、具体的にこれから未成年との飲酒はしないと誓ってない》
《事務所に嫌々言わされている謝罪のような気がします》

「同じメンバーの手越が未成年との飲酒が取り沙汰されているのに、小山だけがターゲットになっているのはファンから見て『かわいそう』という事態になっているのかもしれません。サッカーのワールドカップが終われば、関連番組に出ている手越にさらに注目が集まるでしょう。その前にNEWSとしてのグループ活動を既成事実化してしまおうという考えが透けて見えます」(同・関係者)

やや強引な感じがする小山の復帰。ジャニーズ事務所への批判がより大きくなる可能性もあるだろう。

 

【あわせて読みたい】