小沢真珠の酷い「亭主関白の実態」告白に同情が集まる

怒り

(C)pathdoc / Shutterstock

6月28日に日本テレビ系列で放送された『ダウンタウンDX』に既婚の女性芸能人12名がゲスト出演し、それぞれに夫に対する不満をぶちまけた。その中で、女優の小沢真珠が「夫が生卵を自分で割ることができない」というエピソードを明かし、共演者たちはあぜん。視聴者からは小沢の夫に対して「ウザい」「いらつく」などと怒りの声が寄せられた。

小沢は5年前に8歳年下の歯科医師の男性と結婚し、2人の娘を授かった。幸せな家庭ぶりを報告しつつも“超亭主関白”な実態を明かした。

まず、「夕食は全て手づくりで、3品以上出すこと」がルールになっているという。司会の松本人志は「(出来上がっている総菜)買ってもばれないのでは?」と聞いたが、小沢は「すごく忙しい時に、漬物を作ったようにうまく切って出したら、あまり食べなかった」と夫が確かな“目”を持っていることを明かし「次からは出さなかった」と首を振った。この話には共演者からは驚きと呆れの声が漏れた。

さらに小沢は「先日、納豆と卵がほしいと言われた」と切り出した。言われたままに納豆と卵をテーブルに置くと「えっ」と夫が驚いたそう。小沢が聞き返すと「(卵を)割ってないよね?」と注意されたと告白。夫が自分で生卵を割らないことに、共演者や観客は驚きを通り越して、呆れていた。浜田がたまらず「むかつく」と言うと、会場は緊張感が溶けたかのように笑いに包まれた。

 

横柄な夫の態度を耐える小沢に「逆にすごい」

「めちゃくちゃ亭主関白です。年下ですけど」と語りつつも、夫婦仲は円満であること強調した小沢だったが、視聴者からは夫の態度に対して批判が出ている。

《小沢真珠の旦那最高にウザいな》
《旦那さんの、あまりの生活能力のなさに呆れる》
《小沢真珠の旦那さんみたいな人なら一生独り身でもいいやって思ってしまった》
《私だったら全く耐えられない》
《小沢真珠さんの旦那さん。テレビで言われてること自分の恥と思ってください》

ツイッターにはこのような投稿があり、一時は炎上状態となった。

夫の横柄な態度に耐える小沢に《すごすぎる》という投稿もあった。小沢はかつて昼の連続ドラマ『牡丹と薔薇』(フジテレビ系)で狂気的な役を演じて注目を集めたが、実生活では夫に振り回されているようだ。

 

【あわせて読みたい】