NHK・W杯キャスターの佐藤美希に「勉強不足!」と批判殺到

2018 FIFA ワールドカップ

(C)Artem Kovalenco / Shutterstock

サッカーのワールドカップロシア大会(W杯)のグループステージ第3戦で、日本代表はポーランド代表に0-1で敗れたものの、勝ち点と得失点差で並んだセネガル代表をフェアプレーポイントで上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。開幕前は「3連敗もあり得る」などと不安視されていた日本代表だが、見事に16強に勝ち残ったことで、さらなる盛り上がりが期待される。

そんな中、批判を浴びているタレントがいる。NHKのW杯キャスターに抜擢された佐藤美希だ。ゲストへの稚拙な質問や、名前の言い間違え、原稿の読み間違えなどを連発し、視聴者がストレスを感じてインターネット上で叩かれてしまっている。

特に批判が集まったのは、日本時間6月27日午前3時試合開始のナイジェリア代表対アルゼンチン代表の試合終了後。カメラがスタジオに切り替わり、視聴者から寄せられたツイッターの投稿を読み上げる場面で佐藤は、《メッシが守備、魂のスライディング》という投稿を、「メッシがしゅび、カタマリの…」と、“魂”を“かたまり”と誤読してしまった。さすがにおかしいと気付いたのか、すぐに「たましいの」と読み直したが、NHKの男性アナウンサーは横で苦笑いし、サッカーファンからは「名勝負が台無し」と言われてしまった。

 

Jリーグサポーターからは声援

佐藤はツイッターでもW杯について毎日のようにツイートしているが、リプライには批判が目立っている。

《アナウンサーじゃないので噛むのは仕方ないとしても、ゲストやサッカーをリスペクトする気持ちをもってほしいです。W杯のキャスターとして勉強不足な部分を大いに感じます。》
《こんなにミス連発してたら責任感ないとか準備不足だなと思われて仕方ないと思う。間違ってんのに態度でかいし。謙虚さに欠けてる。そういうところ〜》
《別にたたく気も、批判する気もありませんが、全力で勉強して本番に臨まないと、今後のあなたのキャリアにも影響しますよ!》

だが、Jリーグチームのサポーターからは《Jリーグのサポーターは佐藤さんが頑張ってることを知ってますよ。》と応援の投稿もある。

佐藤は過去に『Jリーグ2代目女子マネジャー』としてJリーグ全体のイメージキャラクターとして、全クラブのホームスタジアムに訪問し、国内サッカーファンの拡大に貢献してきた。そのことを知っているJリーグのクラブサポーターは、佐藤を応援しているのだ。

そんなファンのためにも、佐藤は“たましい”を込めてキャスター業に勤しむべきだろう。

 

【画像】

Artem Kovalenco / Shutterstock

【あわせて読みたい】