吉岡里帆が「足つぼマッサージ」で悶える姿に視聴者が大興奮!

吉岡里帆 

(C)まいじつ

7月1日に日本テレビ系列で放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に女優の吉岡里帆が出演し、台湾ロケを行った。吉岡が現地で足つぼマッサージを体験する様子が放送され、そのリアクションに視聴者から多くの反響が寄せられている。

番組冒頭に番組MCの上田晋也から「落ち着いているよね」と切り出されると、吉岡は「動物を見たとき(はテンションが上がる)」と言い、実家では猫5匹と大型犬を1匹飼っていることを明かした。そして、吉岡が足つぼマッサージの店へ行くと、見せていた穏やかな表情は一変。吉岡は全身マッサージには頻繁に行くが、足つぼマッサージには行ったことがなく、台湾で一度体験してみたかったという。

足つぼマッサージ店で整体師は、頭に直結するつぼを弱めに押し始めた。はじめは「頭がだいぶ悪いって」と上田から茶化されたことに痛がりながらも笑っていたが、徐々に吉岡は痛がるそぶりを隠せなくなっていった。その後、十二指腸や心臓に関連するつぼを押されると、吉岡は徐々に呼吸を荒くし、「あいだだ」、「クククク」、「うー、いったい」と悶え、落ち着いていると評された姿とは違う一面を存分に見せていた。

 

男性視聴者から大反響

この足つぼマッサージ以外でも吉岡は、台湾屋台で引っかけ釣りに挑戦して大はしゃぎするなど、テンションを高くしてはしゃぐ様子を披露。ドラマではおとなしめな役を演じることも多い吉岡だが、特に足つぼマッサージ店で見せた大きなリアクションに、男性と思われる視聴者から大きな反響が寄せられた。

《足つぼ痛がってるの息を吐いて誤魔化して耐えてる吉岡里帆エロい》
《足つぼの痛みに悶える吉岡里帆がかわいすぎた》
《足つぼ師の資格取ったら合法的に吉岡里帆に触れることができるのに》

ツイッターにはこういった投稿が殺到。吐息を漏らしながら痛みを我慢する吉岡を《エロい》と評した視聴者が多かった。

ドラマで見せない表情を見せた吉岡には、新たなファンが増えたようだ。

 

【あわせて読みたい】