給料の手取り「高い国ランキング」韓国に負けた日本

(C)EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

所得の平均値と各種税金、健康保険や年金拠出などを比較した『純賃金が高い国ランキング』で、日本は8位になった。このランキングは、アメリカの金融情報サイト『howmuch.net(ハウマッチドットネット)』 が、OECD(経済協力開発機構)に加盟する35カ国から2017年のデータを参照に作成したものだ。

1位はスイス、次いで2位はルクセンブルク、3位がアイスランドで、以下トップ10は韓国、オランダ、オーストラリア、イギリス、日本、ノルウェー、アメリカと続いている。

賃金が高い国でも税金が高ければ、手元に残るお金は少なくなる。生活者にとっては“高賃金+低税率”というシステムが確立した国が理想的だ。

「OECDのデータでスイスは平均年間賃金収入が7万ドルと加盟35カ国中最も高く、一方で所得税は10.7%、社会保障負担は6.2%と非常に低い。ルクセンブルク、アイスランドも同様です。ベスト10に入っていないドイツは、年間所得平均が6万ドルを超えていますが、税率の合計(所得税+社会保障負担)が高めであるため、このランキングで上位には入ってきません」(統計ジャーナリスト)

ちなみにこのデータによると、日本の平均年間賃金収入は5.3万ドル、韓国の平均の年間賃金収入も5.3万ドルと大差はないが、税率は14.5%とチリやメキシコの税率に次いで低い。そのためアジア圏では純賃金が日本を抑えて韓国がナンバーワンだ。

 

アメリカで実施された税制改革

アメリカは2018年に入り、トランプ政権による大規模な税制改革が実施されている。個人の所得税の最高税率が39.6%から37%に引き下げられた他、標準控除枠が以前の約2倍に拡大されるなどの税制改革を前面に打ち出している。しかし、「最大の恩恵を受けるのは高所得層」と非難をする意見もある。

「保守系の著名な2人のエコノミストは、新たな税制法案により、今後3年の間に約80万人が税金の高いカリフォルニア、ニューヨーク両州から税金の低い地域へと移動すると予想しています。両氏の予想では、カリフォルニアの高所得層の税率は現在の8.5%から13.0%に跳ね上がると見られているからです。州・地方税(財産税、所得税または売上税)の控除額上限が1万ドルに制限されるため、高所得層が納める税金も高くなるから、高所得層が逃げ出すのです」(アメリカ在住日本人ジャーナリスト)

アメリカでドナルド・トランプ大統領の評価が、それなりに高いのもうなずける。

 

【画像】

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】